THE YODENS - 田中 祐次

石油ストーブの分解掃除は暑いうちに

ストーブの分解掃除は暑いうちに

秋深まり

北海道はこれからの冬支度に入ってきますね。

ちょうど今時期は紅葉を見に出かけたりちょっと一息つく季節でもありますね。

 

芸術の秋

読書の秋

スポーツの秋

食欲の秋

 

全身全霊でクマヤキを応援しています。

クマヤキもぜひ食べてみてね

 

クマヤキとは津別町相生の「道の駅あいおい」にあるたい焼きに似たおやつです。地元の人でもお土産にもらうと嬉しいのです。豆腐や蕎麦も有名です。(シノズの写真を拝借)

 

屋外の仕事は雪が降る前にやっておきたい。

当然のことながら何をするにしても、雪があるのとないのとでは、かかる時間も手間も大きく変わってきます。冬場になると作業をする前に除雪をしなければなりませんし、日も短くなるので一日にできる作業量も限られてきます。建築業の方はこれから追い込みに入ってきますね。

 

ここでいきなり当店からのお知らせ

今年の石油ストーブ分解掃除は受付終了とさせて頂きます。

当店は屋外の特設整備場で石油ストーブ分解掃除を行なっています。冬場は水洗い(塗装もちょっと厳しい)ができなくなりますので分解掃除の受付は5月〜9月ごろお願い致します。

屋内に整備工場がある業者は一年中対応してもらえますが、ストーブを預けている間は暖房がなくなりますので、代わりのものをどうするかも考える必要があります。

故障した際にも同じことが言えるのですが、業者が来るまでの間や部品が入荷するまでの間は暖房が使えなくなります。

定期的に分解掃除をしていれば冬場の寒い時期に故障する可能性はかなり低くなります。

やはり分解掃除は夏の暑いうちに済ませておきましょう。

 

ガラス筒のくもりがなく炎もきれいです。

 

こちらのストーブはかなり年数が経っていますが分解掃除をして今シーズン、来シーズンも使いたいところです。

メーカーで供給不能になった部品が故障してしまうと修理も分解掃除もできません。故障頻度はそれほど多くはありませんが「基板」や「電磁ポンプ」が供給不能となりやすい部品でもあります。

燃焼部分の部品は「消耗部品」で分解掃除をする時には必ず交換するものなのでメーカーの在庫がある程度整っています。

 

四季を楽しむ

今年の夏は短かったような気もしますが、冬は冬で何か楽しみ方を考えていきたいと思います。

 

人気店の人気メニュー津別町にある西洋軒の豚丼

 

食欲につきましては春夏秋冬になります。

 

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

当店の黒板はWindowsアップデート並みの頻度で更新しています。新年号になっても(たぶん連休明けから)引き続き宜しくお願い致します。 #黒板同盟

  • 1日前

BLACK BOARD GALLERY

TOP