THE YODENS - 田中 祐次

備えあっても憂いあり

自然災害の予測は難しい

台風19号接近

日本列島に台風が近づいているからでしょうか。今日の美幌町ははなんとなく物静かな雰囲気です。

今のところ北海道に台風が直撃するという予報はまだされていませんが、それでも、いつもよりも強めの雨風がやってきそうなので、できる限りの準備はしておこうと思います(警戒レベル2〜3ぐらいを想定)

そして不要不急の外出も控えたいと思います(北海道に台風19号の影響が出るのは明日13日のお昼頃)

幸いなことにこの辺では最近大きな災害はありません…がゆえに、もし、万が一、不測の事態が起こってしまうと、すぐに混乱に陥ることが予想されます。

なので日頃から防災意識を高めに持っておきたいと思います。

そうは言っても、いったい何から手をつけたらよいものなのか分からずなので、とりあえずは、思いついた順番に準備を進めていくことにします。

地震、暴風、大雨(浸水)、土砂災害、落雷、暴風雪、などなど、災害のジャンルと程度によっては、準備した全てのものが使えるとは限らないので、まずは「自分の身を守ること」ですね。

ということでまずは身につけるものから考えていきます。

災害時いつでも持ち出せるようにしておきたいもの

緊急の時はとりあえずこれだけ持って避難ですね。

もしもライフラインが止まったら

電気

ノートパソコンはなるべくコンセントに繋いでおくようにして常にバッテリー残量が十分残っている状態になるようにしておく(ケーブルがあれば携帯電話の充電ができるので)

まずは飲料水を確保することからで、できれば洗面やトイレに使えるぐらいのお水があるとなおよしです。また、水を入れておく容器も用意しておかなければなりませんね。

加熱器

うちはIHクッキングヒーターなので、もしも停電になった時のことを考えて「カセットコンロ」と「カセットボンベ」を用意しています。

鍋や焼肉など「おうちごはん」でも使うことがあるので、カセットボンベの在庫は要チェックです。

暖房器具

冬の寒い時期に停電になれば、暖房機が使えなくなるので、電源を使わない暖房機を準備します。

(灯油、カセットガスなどの燃料の備蓄も忘れずに…)

燃料

灯油、ガス(カセットコンロ)、車のガソリン、乾電池も…

余裕があれば

発電機、ポータブル電源、運搬用台車、その他

キャンプ用具一式をイメージするっていうのもよいかもしれませんね。

おわりに

他にも準備しなければならないものはまだまだたくさんありますが、今、ぼくが思いつく限りのことを書き出してみました(足りない物があったらごめんなさい)

それでも「常日頃から有事に備えて準備をする」というのは、この予測不可能な時代において必要不可欠なことではないかと思ったりもしています。

また、気候の変動もあり、防災グッズの進化もありで、防災意識も日々アップデートですね。

おまけに

災害時となると携帯電話も必ずつながるとは限りませんが、これも重要なツールの一つなので、バッテリー残量のある状態で、肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

#黒板同盟

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

自分の身を守ることが第一です。その次に守るのは携帯電話です。そして充電はフルでお願いします。 #黒板同盟 #ブログのアイキャッチにも使うし

  • 9日前

BLACK BOARD GALLERY

TOP