煙突式石油ストーブの取り替え

石油ストーブの取り替え

このところ煙突式の石油ストーブの取り替えが続いています(偶然によるものかと思われる)

煙突式の石油ストーブを取り替える場合、既存の煙突をそのまま使うことができるので、よほどのことがない限りは、ストーブ本体の付属品で事足ります(灯油ホースと床暖ホース)

また、FF式(石油ストーブ)の延長給排気管のような部材を用意することもないので、取付はそれほど大変ではありません。

煙突式石油ストーブの問題点

煙突の構造上どうしても避けられない問題もあるので、多少お金がかかってもFF式にすることをおすすめしています。

建物の間取り上どうしてもFF式にできないという致し方ない場合は、これらのことを配慮しつつ取り扱いしていきます。

煙突式石油ストーブの取り替え

こちらのストーブは電気系のトラブルでしかも15年ぐらい経っていることから、修理は難しいと判断をしたので、買い替えのご提案をさせて頂きました。

形は今のストーブとさほど変わらないので、そんなに古い感じはしませんね。

煙突式ストーブ

煙突にもいろいろある

煙突の太さは2種類(106mmと121mm)で、長さは4〜5種類あります。

それも尺貫法の単位なので、いまいちピンとこないです(個人差あり)

半直管

逆風に耐えうる

風の強い日になると、煙突から風が入ってきて、ストーブの炎が揺れたり、不安定になったり、時にはエラーで運転停止になったりもするので、逆風を抑制するための装置を取り付けて対策を施します。

そしてこちらは「ダブルドラフトレギュレーター」という、メーカー純正の部材になります。

いかにも効果がありそうなネーミングですね、、、笑

この他にも、ダンパーとドラフトとで、機能別に分かれている部材もあります(ホームセンターでも購入できます)

DR-1

おわりに

石油ストーブの燃料になっている石油も、世間一般的には「化石燃料」といわれているけれど、ここ北海道ではまだまだメインの燃料のままです。

 

 

極寒の地で暖房設備を整えるのもなかなか大変ですね。

この記事を書いた人

ゆうきゃん 田中 祐次
北海道美幌町で電器店をやっています。座右の銘「日々是好日」。好きな言葉「地道が一番の近道」「初心にかえって本日開業」 松下幸之助商学院26期、エクスマ82期、ニックネーム「ゆうきゃん」

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP