THE YODENS - 田中 祐次

月に一度の弦交換

月一で弦交換をします

弦交換のタイミングは人それぞれ

先週の日曜日にアコースティックギターの弦交換をしました。

4、5日たったのでいい感じの音になってきました(新しい弦がだいぶなじんできました)

ギターの弦交換のタイミングは、弾く時間にもよりますし、ギターにもよりますし、ギタリストの感覚にもよりますし、ギタリストのご予算にもよりますし…人それぞれですね。

自分に合う弦がなかなか定まりません

ギターを持っている方なら当然お分かりいただけると思いますが、ギターの弦の硬さや太さやメーカーで音や弾きやすさ変わってきます。

なので「自分に合った弦は何なのか」と、試行錯誤する日々(ブレまくりです、、笑)

とりあえず今回はカスタムライトゲージ

前回はダダリオのライトゲージでしたので、今回はエリクサーのカスタムライトにしました(しかもコーティング仕様にしました)

ギター弦交換

音をとるか弾きやすさをとるか

ライトゲージの音がとてもよくって気に入っているのですが、弾きやすさからするとカスタムライト、エクストラライトのほうが弾きやすい(フレットが押さえやすい)です。

やっぱりギタリストの技量によるのでしょうか

「年を重ねると高い声がでなくなる」みたいに「年を重ねると握力が低下する」関係もあったりするという言い訳をしつつも…やはり最終的にはギタリストの技量によりますでしょうか。

最終的にはその人の好み

なんだかんだいって、最終的にはギタリストの好み、いちばん気持ちよく弾けるセッティングになりますよね。

 

 

コーティング弦はさわりごこちがいいです。

(あとは練習あるのみです)

(技量を高めるために)

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

電機業界もいよいよですね。各メーカーから値上げの連絡が後を絶ちません。 今までが安すぎただけ、今度から通常価格に戻るだけだと前向きにならざるを得ません…(^^;; #黒板同盟

  • 3ヶ月前

BLACK BOARD GALLERY

TOP