石油ボイラーを取り替えるときは配管と蛇口も一緒に点検しよう。

今日は朝からいつもお世話になっている設備屋の親方とボイラーの取り換え工事に行ってきました。

取り換え工事ともなると下見ではわからない予期せぬ事が起こる時があります。

工事は知識と経験があって信頼できる職人さんにお願いするのがベストです。

現地調査、機種選定、見積、請負契約、機器と材料の手配、お客さまとの打ち合わせ、アフターサービスなどは当店が行います。

 

既設のボイラー(サンヨー)

ボイラーの寿命はどのぐらい

ボイラーの寿命はだいたい10年ぐらいと言われています。(7年とか15年とか色々諸説はあり)

中にはには20年以上使っている方もいらっしゃいます。

使用頻度、使用環境、機器の当たり外れ…によっても変わってきます。

昔と今のクオリティーの違い

この機会に水まわりの点検も一緒に行いましょう。

例えばボイラーの使用年数が20年だとしたら、当然、配管も20年経っているということになりますね。この機会に配管や蛇口なんかも一緒に点検することをおすすめしています。

特に「鉄管」を使って配管しているところは、サビのせいで水(お湯)の流れが悪くなっていたり、蛇口が詰まったりします。

(サビがボイラーの内部に入り込んで故障した場合、メーカー保証の対象外になることもあります)

 

サビのせいで配管が細くなると

(最近主流の「ステンレス菅」「樹脂間」はこのようなことはありません)

 

新しいボイラー

当たり前にお湯が使えるってとっても有り難いことですね。

<備考>

既存ボイラーの減圧弁が床下に取り付けられていたので今回も床下に取り付けしました。

浴室リモコンは洗面脱衣室に取り付けてあります。

良くも悪くも一番最初(家を建てるとき)に配管・取り付けをした職人さんの影響を受けることもあります。

 

 

 

この記事を書いた人

ゆうきゃん 田中 祐次
北海道美幌町で電器店をやっています。座右の銘「日々是好日」。好きな言葉「地道が一番の近道」「初心にかえって本日開業」 松下幸之助商学院26期、エクスマ82期、ニックネーム「ゆうきゃん」

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP