パソコンを廃棄する前にハードティスク抜き取ります。

念のためハードディスクを抜き取っておく

 

パソコンを新しく入れ替える

皆さんそうされていると思いますが、パソコンを新しく入れ替えた時、今まで使っていた古い方のパソコンがまだ正常に動く状態であれば、外付けのHDD(ハードディスク)やUSBメモリにバックアップを取り、必要に応じて新しいパソコンにデーターを移します。

 

※データーが保管されている場所(ストレージ)といって「ハードディスク」「SSD」などがあります。

 

例えば「パソコンが起動しない」といった場合でもHDDが壊れていなければ中のデーターを取り出すことができます。(写真、住所録、ワードやエクセルなどのデーター)

また、HDDが故障していても運が良ければデーターを取り出すことができます。(完全復旧させるとなると専門業者に依頼しなければならないので、それなりの費用がかかります)

「もし取り出せたら嬉しいな」「古いデーターは必要ないけどもしかしたら後で必要になるかも…」といったこともありますのでパソコン廃棄の依頼があった時は念のため内蔵のハードディスクを抜き取って一定期間保管しています。

もしくは個人情報など復元されたくないようなデーターが入っていて「復元不可能な状態で廃棄してほしい」というご要望があればそのように対処しています。

世の中だんだんとクラウド化の流れになってきているので、今後はこうした作業も少なくなるのではないかと思います。

 

もちろん当店のPC担当は小川です。

 

 

ようでんはパソコンの御用聞きもやってます。

ぼくの思いつくのはこのぐらいです。

ありがたいことにお客さまの方から「こういうことできる?」とお声をかけて頂いています。

これからも「お客さまの声に耳を傾ける」気持ちをもって仕事をしていきたいと思います。

 

この記事を書いた人

ゆうきゃん 田中 祐次
北海道美幌町で電器店をやっています。座右の銘「日々是好日」。好きな言葉「地道が一番の近道」「初心にかえって本日開業」 松下幸之助商学院26期、エクスマ82期、ニックネーム「ゆうきゃん」

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP