THE YODENS - 田中 祐次

蛍光灯ランプの種類が意外と多くてわかりにくい件

蛍光灯ランプの種類が多くてわかりにくい

最近はLED化が進んでいて「蛍光灯ランプの取り替える」という事もだいぶ少なくなってきてはいますが、まだ全ての照明器具がLEDに入れ替わったわけではないので、完全になくなるというのはもうちょっと先のようです。

(生産中止で入手できないものも徐々に増えていますが)

蛍光灯ランプは消耗品なので一定の時間が経つと、ランプの端の方が黒くなってきてパカパカと点滅するようになり、最終的には点かなくなってしまいます(だんだんと暗くなってきますしね)

ですのでランプの端の方が黒ずんできたら早めに交換するようにしましょう。

蛍光灯ランプの呼び方があいまい

ぼくら電器店は「管球」と読んでいますが、一般的には「蛍光灯」とか「蛍光管」とか、もっと大ざっぱに「デンキ」とか「デンキのタマ」とか呼び方はいくつかあるようです。

蛍光灯ランプの中でも丸型と直管とがあり、大きさ、長さ、太さ、点灯方式、明るさ、色など細かく分類されています。

例)

丸は丸でも種類はいろいろあります。

ホタルックスリムの箱

丸くて細い蛍光灯ランプ

ちなみに太いほう

蛍光灯ランプを取り替える

まずは蛍光灯ランプに書いてある品番(型式)を見て適合するかどうかを調べていきます。お店に買いに行くときにはランプを取り外していき現物を店員さんに確認してもらうのが一番よい方法だと思います(もしくは出張サービスを利用するとか)

適合するランプを探すときの注意点

交換用LED蛍光灯ランプについて(補足)

「工事不要でLEDに取り替えられる」というものもありますが、器具本体の寿命のほうが先にきてしまうと、せっかく新しく取り替えたLEDランプが無駄になってしまうので、あまりおすすめはできません。(他の箇所で使える場合は別として)

おわりに

お客さまから「○○のデンキが点かない」「デンキのタマが切れた」とお問い合わせがあった時に「丸ですか」「直ですか」「細いですか」「太いですか」「長いですか」「短いですか」など、つい聞きたくなってしまいます。丸か直かはまだ良しとして、太いか細いか長いか短いかという基準は人それぞれ違いますよね。

お客さまの常識とぼくらの常識とは違うということをよく考えならが応対していきたいと思います。

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

アマゾンプライムビデオをみて感性が磨かれたところで黒板更新です。#伸びしろしかない #黒板同盟

  • 4日前

BLACK BOARD GALLERY

TOP