THE YODENS - 田中 祐次

美幌町の一部地域で井戸水を使っていた

美幌町でも井戸水を使っている地域がある

これといった写真がなかったので

先日、美幌町郊外のお客さまより「井戸ポンプ」が古くなってきたから今のうちに(故障しないうちに)取り替えたいというお問い合わせがありました。

美幌町のほとんどの世帯が町の水道を利用していることもあって、井戸ポンプのお問い合わせは十年に一度あるかないかのレアケースでしたので、ぼくらも一から勉強するつもりになって色々と調べてみることにしました。

そして、唯一わかったことは「井戸水は奥が深い」ということでした(笑)

井戸ポンプの取り替えは簡単だけれど…

現在「既存で使っているポンプを新しいものに取り替えるだけで良し」と簡単に済む場合もありますが、ポンプを新しくしたのに水が出ない、砂や空気を噛む、水が枯れるなどのトラブルが発生することがあるので、家の人に使用状況、これまでの経緯などをよく聞きながら慎重に事を進めたほうがよさそうです。

美幌町Y様邸の場合

昔は家の人たちで井戸を掘るのが当たり前だったそうです(近所の人と協力し合って)

Y様のお宅は昔おじいちゃんが自分で掘った井戸を今でも使っています。当時はスコップでちょっと穴を掘っただけでも水が湧いてくるような地形だったそうなのですが、今は地下7〜8メートルぐらいのところに水脈があるそうです。

いつも水道工事を頼んでいる設備屋さんの話では河川工事など周囲の環境によって水位が変わることもあるそうです。また、近くで水が出ていたのでその近くに井戸を掘ったけど水が出なかったということもあるそうです。(隣は出たのにうちは出ないなんてこともありえる)

この情報をもとに設備屋さんと綿密に打ち合わせをしてポンプの種類を選定して、お見積もり、お取り替えと進めていきます。(幸いにして設備屋さんが井戸ポンプのことに関しても経験豊富なので安心してお任せできそうです)

おわりに

温泉や石油と同じように水を掘り当てるのも難しいことのようです。(さらにそれができる業者さんも少ないとかで)

普段あまり気にかけることはありませんが「蛇口をひねったら当たり前のように水が出る」というのはとても有難いことですね。

水道知識の方も深掘りできるように勉強していきたいと思います。

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

自分の身を守ることが第一です。その次に守るのは携帯電話です。そして充電はフルでお願いします。 #黒板同盟 #ブログのアイキャッチにも使うし

  • 11日前

BLACK BOARD GALLERY

TOP