アンテナ標準工事

アンテナ標準取付工事(北海道仕様)

「テレビが急に映らなくなってしまった」しかも「アンテナもかなり古い」ということで、アンテナ工事に行ってきました。

今回はアンテナを取り替える前提で準備をしていきます(事前にご了承を頂いているので)

旧アンテナ

VHFのアンテナがついているので、少なくとも10年以上は経っています(見た感じは30年選手)

あと、軒下に付いている分配器も気になるところですが、まずはアンテナを替えていきましょう。

アンテナ取り替え

突き出し金具(サイドベース)

こちらは北海道でよく使われている「突き出し金具」で、破風板に取り付けるのが一般的です。

この突き出し金具と、アンテナマスト(ポール)も一緒に取り替えていきます。

新しい突き出し金具

新しい突き出し金具を取り付けしました(今のはサビに強いです)

昔は釘どめでしたので、その釘をバールで一本ずつ、破風を傷つけないよう慎重に抜いていきます。

なので取付よりも取り外しに時間がかかります。

よくよく見てみると

アンテナフィーダー線が切れています(劣化しすぎ)

電波の受信がよい地域といえども、これはさすがに受信不能になります(手前の同軸ケーブルは交換のため切断しました)

フィーダー線が切れている

完成です

アンテナ取付完了

アンテナ本体、アンテナマスト、突き出し金具の3点セットで、地デジが正常に受信できるようになりました(標準的なアンテナ工事)

おわりに

作業が終わる頃には、にわか雪も降り止みました。

これはよくあることです。

この記事を書いた人

ゆうきゃん 田中 祐次
北海道美幌町で電器店をやっています。座右の銘「日々是好日」。好きな言葉「地道が一番の近道」「初心にかえって本日開業」 松下幸之助商学院26期、エクスマ82期、ニックネーム「ゆうきゃん」

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP