一軒家の借家にありがちなテレビのブースターの話

ブースター電源部は持ち去らないようにしましょう

私たちの住んでいる美幌町でも地上波の電波が強いところと弱いところがあります。

電波が弱い地域にはブースター(増幅器)を取り付けて電波を強くします。

そのブースターにも色々種類があります。

今回は「レコーダーブースター」と「家庭用ブースター」をご紹介させて頂きます。

 

レコーダーブースター

 

「卓上ブースター」とか「ビデオブースター」と呼ぶこともあります。録画機を取り付けた際、受信レベルが低下してしまって、写りが悪くなった時に使います。(基本的にテレビ1台分)

 

ブースター(家庭用)

上の黒いほうが「電源部」下の白いほうが「増幅部」

 

「増幅部」と「電源部」がセットになっていて、テレビの差し込み口(テレビのコンセント)がある全部屋の電波を強くします。電波の弱い地域にある住宅や部屋数が多い家によく使われています。

こちらは一般的に「増幅部」をアンテナのすぐ下に取り付けします。そしてその「増幅部」に電圧を送るため「電源部」をお部屋のどこか1ヶ所に取り付けます。

この場合、増幅部に電圧が届く経路(場所)を選んで取り付けしますが、最近の住宅はどこに取り付けても電圧が届くようにしているところが多いです。ちなみにBSの電源も考え方は一緒です。

「増幅部」と「電源部」二つ揃ってはじめて機能するもの

「電源部」はテレビの差し込み口(テレビのコンセント)とテレビ本体の間に取り付けられているので、引越しのときに間違って、もしくは知らずに次の引越し先まで持って行ってしまうことがあります。

 

テレビの裏側などにこのような機器があったら、どこかに「増幅部」が取り付けられています。

 

そうすると、持って行ってしまった方は「電源部」だけあっても意味がなく、持って行かれた方はアンテナの下(屋根の上)に「増幅部」だけが残っている状態でテレビは全く映りません。

 

こちらが「増幅部」です。アンテナの近くで電源部から送られてくる電圧を待っています。

 

テレビを映るようにするためには「電源部」だけを購入するか、ブースターをセットで購入するしかありません。

いずれにしても数万円の費用がかかります。

次に入居する人のために

どちらも「ブースター」と呼ぶのでややこしいのですが、なんとなくでも覚えておいてもらえると嬉しいです。

この記事を書いた人

ゆうきゃん 田中 祐次
北海道美幌町で電器店をやっています。座右の銘「日々是好日」。好きな言葉「地道が一番の近道」「初心にかえって本日開業」 松下幸之助商学院26期、エクスマ82期、ニックネーム「ゆうきゃん」

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP