当店がリフォームもできるということを知らない人もいるかもしれないからやっぱりお知らせしなくちゃね

今チラシを作っています。

たまにはお料理以外の仕事もしているんですよー(^^)

昨日のブログで少し書いたリフォーム補助金。家の中で気になっていた場所がある人にとってとてもありがたい制度です。工事価格の20%の補助が出ます(工事費50万円以上のもの)

たとえばトイレ。

築年数が経過してくるとトイレも老朽化してきます。お掃除してもなかなか汚れが落ちにくくなって来たり、そもそもトイレの形状的にお掃除がしにくい構造だったり(凹凸が多かったりして)、寒かったり、温水洗浄がついていなかったり、お水をたくさん使って流すタイプだったり、便座ヒーターの電気代が高かったり、足腰がしんどくなってきたけど手すりがないとか便座の高さの関係で立ち上がるのがたいへんだったり。

トイレひとつをとってみても使っていくうちにだんだん古くなるのでこういうお困りごとは出てきます。

でもリフォームを考えたとしても費用の問題もあったりしてなかなか行動に移せないことが多いものです。

あとはどこに頼んでいいのかわからない、という問題もある。

 

【ようでん】は、まちのでんきやさんです。家電を販売するのはもちろんですが、トイレリフォームもやっております。もちろんそのほかのキッチンとかお風呂とか洗面所とか各所のリフォームもお任せあれー。

温水洗浄便座(ウォシュレットと言った方がわかりやすいかもしれませんね)だけを交換することもできるし、便座丸ごとお取替えや床や壁紙の交換を一緒に行ったりすることもあります。手すりをつけたりするケースもありました。

リフォームは家電みたいに気軽にどこかのお店で買えるものでもないので、どこに頼むかというのは悩むところ。知ってる業者がなければほんとうに迷うと思います。

まちのでんきやさんはお客さんのおうちに入っていくお仕事が多いです。

なので、お客さんの立場に立って考えた時、家の中に入ったことのある人=でんきやさん というのはとても安心して頂けるのではないかと思います。全く知らない業者さんではないから。

 

とはいえ。

とはいえですよ。

ようでんがこういったプチから本格リフォームまでをやっていることすらまだ知らないお客さんもいるはずなんですよね。当店のニュースレターを送らせてもらっていたお客さんにはたびたびチラシを同封していたから知ってるだろうとかニュースレターにも書いたことも何度もあるしとか。

そんなことはこっちの勝手な思い込みであって。

見てないお客さんだっている。それはそのお客さんのタイミングではなかったということもある。だから今回もお知らせしなくちゃね。お客さんにとって制限付きではあるけど補助が出るということは必要な人にとってはうれしいことだもんね。

 

というわけでチラシ作成ガンバリマス!

っていう自分にむけての喝ブログでもありました。

 

 

この記事を書いた人

田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP