今月も元気そうなお顔が見られてよかったー。今月の聞こえ相談会終わりました。

今日は聞こえの相談会。毎月開催しているイベントの一つ。主に補聴器を買っていただいた方へのアフターサービスの場となっています。

店内入って右。はいその通りでございます!(^^)

右へ行くとこのようなスペースがあるのでここで毎月開催しています。

この茶色のロールスクリーンは今までは下げていませんでしたが今日は試しに下げてみました。

仕切られるので少しプライバシーが守られていいかもしれない、そう相談員の左近さんとも話してやってみましたが結果的にどうだったかなーうーむ。圧迫感も出てしまったかもしれない。初めての方にとっては閉鎖的空間っぽくなって逆によくないのかもしれない、うーむ、とか何とか色々考えたりもするわけです。途中で下半分だけ開けたりしてみました(笑)

補聴器とはこの先ずーっとお付き合いして行くもの。

メガネと一緒で定期的に検査したり調整したりしながら。

それと同時に毎月こうやってご来店いただけるとお客さんの様子もわかるし近況も聞ける。元気そうでよかった〜とかね。1軒1軒ご訪問して対応するのが一番いいけどなかなか体制的にも現実的ではなくて毎月このような形での開催となってます。お客様にはご足労いただき申し訳ない気持ちもあります。

でも何か用事があって外出する機会となる、そういう意味も持てたらいいな、とも思っているのでしたー。

今日、普通のアルカリ乾電池を買いに来てくれたお客さん。「12本入りかー。もう少し少なくてもいいなあ。4本入りがあるのか、そっちにしよう。そしたらまたなくなる頃来て顔見れるもんね!(私の顔)」ってー。私の顔見れるからまたなくなったら買いに来る用事ができていいっていう意味で言ってくれた〜うれしー。社交辞令もあるけど素直にそう言ってもらえて嬉しいです。

私たちもお客さんに毎月会えるこの聞こえの相談会はそんな意味もあるのです。

この記事を書いた人

田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP