いざという時困らない!単三または単四電池「1本」だけで使える懐中電灯

家にある懐中電灯はすぐ使えますか?

災害はいつやってくるかわからない、とはいえ自分ごとにならないのは私も同じです。防災グッズも一度準備したら満足して点検までやっていないという方もいるのではないでしょうか。

あまり身構えず身近なところから考えた時、大きな災害のときだけではなく日常の中のちょっとした瞬間で使うことが多い懐中電灯は今すぐ見直せるものの一つです。

 

電池1本で使える懐中電灯が便利

懐中電灯といえば単一電池(一番サイズが大きい電池)を何本も入れる大きなタイプを想像する人もいますよね。実際家に1台はあったのではないでしょうか。でもいざ使うときになったら電池から液漏れしていて錆びていて使えない(涙)とか。。。けっこうあるあるです。

それを回避するには電池問題は避けて通れない。

使うときまで電池を別に保管するのが一番いいけど「いざ」というときすぐ使いたいからついつい入れっぱなしになってしまう。。。別々に保管するのはめんどくさいし「あれ?電池どこ??」となるのは目に見えている・・・

大丈夫ですよ、奥様。

令和の時代、こんな懐中電灯があることをご存知でしょうか。

電池がどっちかライト〜(ドラえもん風に)

コンパクトなサイズ感がいい感じ。置き場所にも困らないし先程から言っている電池問題も解決してくれます。

なんとこれ、単3か単4電池どちらか1本あれば点灯するという商品。1本ですよ、奥様。

ブルーもあります(ブラウン、ピンク、ラベンダー、ホワイト、ブルーの全5種類)当店には2色のみ。

「でもさー、そんなこと言っても電池入れっぱなしにしておいたら液漏れ問題は解決してないよね〜」

おっしゃる通り!

そこが気になっちゃう場合は電池は入れずに空の状態で保管しておきましょう。

いざという時はテレビのリモコンから電池1本拝借して使えばいい

そして、「いざ!」というときにはいつも使っているテレビのリモコンから電池を1本抜き出してこの懐中電灯に入れて使いましょう。

我が家のTVリモコンは単三電池2本でした

テレビがない方は照明器具のリモコンに入っている電池、エアコンのリモコンに入ってる電池、鼻毛カッターの電池、毛玉取り機の電池、おもちゃの電池、あとはー、あとはーー、なにかしら家の中の単三電池か単四電池を探して入れてください!笑

とはいえ、単一電池みたいにかさばるものではないので新品の乾電池を一緒に保管しておいてもいいですよね。

電池がどっちかライト パナソニック BF-BM01

1人一台あってもいいくらいですね。

シンプルな見た目

とてもコンパクトなサイズ

重さは約100gととっても軽い。

単3電池使用の時

印を合わせるだけ

単4電池の時

OPENに合わせると開きます

ひねって開ける

電池入れる場所

使い方もシンプル。見ての通りです。

手持ちでも使えますし、テーブル等にライトを上むきにして置けばランタン代わりにもなりますね。なにかに吊るして使うということもできます。

ランタン代わり

ちょっとしたプレゼントにしても喜ばれそう。夜中の赤ちゃんのオムツ替えや授乳の際にもいいかも。ベットサイドに置いておくのがおすすめです。

 

 

 

ちなみに、電池単1〜4まで4種類全部使えるのはこちらです。

 

この記事を書いた人

田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP