補聴器をどうしても片耳装用にする場合はどちらの耳につけたらよいのか

補聴器も取り扱っているようでんのヨメ忍ですこんにちは!

 

本日のブラックボードはこれー

どうでもいいシリーズですね(笑)絵文字が苦手だよーっていう情報のみ書いております。
これについては話せばどんどん長くなりそうなんでそっとしておきますね(笑)

 

今日は補聴器のこんな疑問について書いてみましたー。

 

補聴器って両耳につけないとダメなの?

はい。たしかに両耳がベストです。バランスよく聞こえるしどちらの方向からの音もひろえますので車の接近にも気がつきやすいです。臨場感も違うし耳へのストレスも軽減してくれます。

でも。でもー。そうはいっても高額な商品。なので予算の関係上どうしても片耳だけになっちゃう。こんな場合も多くあります。

そんなときは

今現在聴力が良い方の耳に装着する。

 

そのほうが音量を上げる幅が少なくて済むので耳への負担は軽減できます。聴力の悪い方に装着すると音量をたくさん上げないと聞こえないので耳への負担が大きい。

そんな理由でいい方につけるようにしています。

自宅でいつも座っている椅子とテレビの置き場所の関係とかもご自宅訪問の時には確認できますのでどちらの耳で聞いた方が聴きやすいかなどもわかります。それでも基本的にはいい方の耳に装着する。これでOK。

 

もしも片耳装用の場合は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

この記事を書いた人

田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP