エアコンの室外機を取り付ける

室外機の取付方法

ベランダに設置

ご存知のとおりエアコンには室内機と室外機があって、ガスト電気と信号をやりとりするため「配管工事」と「電気工事」をしてからじゃないと運転させることはできません。

電器屋さんが手際よくちゃちゃっと取り付けていくので、案外簡単な工事に思われがちなのですが、エアコンの工事は使う道具と工程がやたらと多くてけっこう大変なのです(昨日と同じくだり)

というわけで前回の「エアコンの室内機を取り付ける」編に続きまして、今回は室外機の取り付けについてご紹介させていただきます。

工具

(忘れ物をしていたらごめんなさい…)

作業手順

  1. 配管カバーを取り付ける(必要に応じて)
  2. 室外機の置台を設置する(必要に応じて)
  3. フレア加工(銅管を加工する)
  4. 配管を接続する(室内機側と室外機側)
  5. ドレンホースを接続する
  6. 電線を接続する
  7. 真空引きをする
  8. 二方弁、三方弁を開ける
  9. ガス漏れ検査
  10. 試運転

ここまでが「標準的」な室外機の取り付け手順です。

現場によっては手順が前後したり工程が増えたり減ったりします。

(お掃除機能付きタイプの換気ホースとか、ダイキンの加湿ホースとか)

おわりに

やっぱり昨日とほぼ同じくだりになってしまいました(これといった写真もなく)

そのくだりはこちらになります。

エアコンの室内機を取り付ける

 

この記事を書いた人

ゆうきゃん 田中 祐次
北海道美幌町で電器店をやっています。座右の銘「日々是好日」。好きな言葉「地道が一番の近道」「初心にかえって本日開業」 松下幸之助商学院26期、エクスマ82期、ニックネーム「ゆうきゃん」

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP