THE YODENS - 田中 祐次

テレビ画面の大きさを決めるとき

テレビ画面の大きさ

テレビを買い替えるとき「こんどは何インチにしようか」というのが一番悩むところかと思います。

百聞は一見にしかず

まずは現物を見て「実際の大きさを確かめてみよう」ということで、でんきやさんに行ってみたものの…

家電量販店のような広い空間に、大型画面から小型画面まで何十台も並んでいたら、実際に自分の部屋においたときのイメージがしにくくなるかもしれませんね。

いま見ているテレビを基準にする

いま何インチを見てますか?

でんきやさんでテレビの相談をすると必ず聞かれます。

置き場所にまだ余裕があれば、1サイズ、もしくは2サイズ、大きい画面をおすすめしています。

その他、メーカー、性能、機能、お値段などの兼ね合いで選んでいくようになるかと思います。

今まで見ていたテレビ

テレビを買い替えたときのギャップあるある

テレビを配達したときに、お客さまからよく言われるあるあるのご紹介です。

展示品はひとまわり小さく見える

お店で見たときは、それほど大きく感じなかったけれど、いざ自分の家に持ってきたら、けっこう大きかった…っていう話をよく聞きます。

テレビの箱がデカい

配達時にテレビの箱ごと室内に運び入れると、ダンボールの箱が想像以上に大きくて、ちゃんと納まるかどうか心配になる…っていう話をよく聞きます。

枠が狭いと画面が小さく見える

どういうわけなのか、画面の枠(フチ)が狭くなると、同じインチ数でも画面が小さく感じる。

逆に画面の枠が広いと小さく感じる

昔のテレビは枠が広く、最近のテレビは枠が狭くなので、インチ数はアップしたけど、それほど実感がないというギャップがでることも多々ありです。

せっかくテレビを新しくしたのに、前よりも小さくなった感じてしまうと、ちょっとせつないですよね。

なので、インチ数と実寸とで比較するのがよいかと思います。

テレビの入れ替え

おわりに

今回は46型のプラズマテレビから49型の液晶テレビにしました。

3インチアップだったけど、今までとそれほど変わらなく、逆にスッキリした感がありました(設置場所のスペース的にはピッタリ)

 

 

テレビ台もいろいろですね。

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

ようでんロードは美幌町内の6差路と6差路の間にあります。 #黒板同盟

  • 14日前

BLACK BOARD GALLERY

TOP