THE YODENS - 田中 祐次

エアコンの穴にブランクキャップを取り付ける

エアコンとストーブの穴を塞ぐ

エアコンと石油ストーブは壁に穴を開けて設置するので、これらを取り外すとなると当然「穴」が開いたままになってしまいますね。

「もう使わないから撤去する」「賃貸物件の引越しによる退去」など、理由はどうであれ、撤去後の開いている穴を塞いでおくというのが常識です。

穴を塞ぐもの

ブランクキャップの取り付け

エアコンやストーブの穴は、その穴を再利用できるように、いつでも脱着が可能なキャップ的なものを取り付けしておきます。

 

 

ちょうどいい写真がなかったので広告を入れます(いいわけ)

この他にも色々なタイプがあるけれど、ぼくはいつもこれです。

取り付けのコツ

結束バンドが二手に分かれているような感じになっていて、片方にバンドがあり、もう片方にロックがかかるボッチがあり、そのバンドをボッチに通すことでキャップが固定されます。

一人でやるか二人でやるか

二人でやる場合は、キャップを抑える役と、バンドをボッチに通す役とで、超簡単に取り付けることができます。

また、一人でやる場合は、向こう側の押さえがきかないと、反対側の壁に回り込む途中にキャップが落下することがあるので、養生テープなどで仮止めするとうまくいきます。

構造はいたってシンプルだけれど、思いのほかバンドが丸まっていて、ロックがかけにくいときがあるのです。

おわりに

公営住宅やマンションなどに元々付いているキャップは、退去するときのことを考えて、きちんと保管しておきましょう。

撤去したエアコン

公営住宅を退去されるということで、四角い室外機のエアコンを撤去してきました。

もちろんキャップで穴を塞いであります。

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

結局のところいくらかかるのかが一番気になります。 #黒板同盟

  • 10日前

BLACK BOARD GALLERY

TOP