THE YODENS - 田中 祐次

当店のホワイトベース高所作業車(第2話)

とはいえ特殊車両はそう簡単には見つからない

 

高所作業車を買うと決めたまではよかったのですが、ご存知のとおり高所作業車は特殊車輌の部類に入ります。販売しているクルマ屋さんもそう多くはありません。

北見・網走管内でもこういう特殊車両を扱うお店(会社)も限られてきます。当然値段も高い。自家用車を買うようなわけにはいきませんね。

新車を買うとなれば話は早いのですが、それはちょっとムリ…(だって高級外車並みだもの)

ここはやはり中古車を探すことになるのですが、ご存知のとおり「働く車」はみんな新車から乗り始めたら限界まで使い切るのが普通です。程度のいい中古などそうそう出るものではありません。

それに故障など何かトラブルがあったときすぐに対応してもらえる技術を持ったクルマ屋さん(できれば地元)で買わないと後々心配でなりません。

やはり一街のでんきやが高所作業車を持つなんてムリなのか…早くもあきらめモード

そんなある日、車の板金塗装工場を経営しているお客さまと世間話をしているうちにその話題になりました。「T自動車に聞いてみてやるぞ」と言って、ある自動車整備工場をやっているクルマ屋さんを紹介してもらうことになりました。

T自動車は今でもお世話になっていますが技術は確かに優れています。

しかもそこの社長とぼくは同級生です。学校は一緒になったことはありませんが、共通の友人知人がけっこういます。

そうは言ってもお互いほぼ初対面で「名前は聞いたことあるかな」程度でしたが、このクルマ屋さんなら大丈夫、任せられるという直感と、他に頼めそうなところもなかったので、T自動車に最初で最後の望みを託すことにしました。

そしていよいよクルマ屋業界のオークションに参入

当初の希望は小回りがきくように、もうちょっと小さめの車体でした。

つづく…

 

 

ようでんを応援してね!

かかりつけのでんきや社長 田中 祐次(ゆうきゃん)

1974年生まれ山羊座。 まちのでんきやさんの仕事は最近特に多岐にわたり、「これは何屋さんに?誰に相談していいかわからない」そんな時にぼくのことを思い出していただける、そんなお付き合いをしたいと思っている、ロック、ハコモノ、飛行機が大好きな電器店2代目店主です。 「ビートルズ」「oasis」「BOΦWY」「ZIGGY」などの音楽が好きで、昔はバンド活動もしていました。 ここだけの話ですが、レアなエアコンの室外機を見つけると写真を撮らずにはいられません。

PROFILE

ようでん 本日のブラックボード

一人暮らしでも、あまり買い物に行かないから、少し大きめの冷蔵庫にするという考え方もあります。逆に頻繁に買い物に行くから、小さめでも間に合うというパターンもあります。 #黒板同盟

  • 2ヶ月前

BLACK BOARD GALLERY

TOP