実はIHクッキングヒーターの取り付け工事なんかもやってたりします

久しぶりにお客さまのお宅にあがらせていただきました。

あ。私はいつもお店の中での接客業務が主なのであまりお客さまのところに行くことは少ないんです。

電話で話す感じと実際にお会いしてでの印象は少し違うし、家の中にいかないとわからないことも多々。そういう意味ではたまに自分もお店を離れてお客さんと接する機会を作ることは大事かもしれない、そんな風に思いました。(実際は体制上ムズカシイことがおおいのですが)

今日はIHクッキングヒーターが故障し新しいものに交換したお客さま。スタッフが交換工事を終えた頃グリルの使い方等説明しに伺いました。

最近の商品はスマートな形やボタンになり見た目はスッキリしていていいのですが、使い勝手の面から見た時にそっちもすぐれているモノってそんなにないんじゃないかと感じてます。見た目はスッキリなのですが機能的には増し増しなのでそれらを操作するにはいろんなことをしないといけない。それが直感的にできないと使いにくいなーって感じてしまう。

何が言いたいかというと、

今日のお客さまがちゃんと使えるかどうかが心配!っていうことです。今日の説明で一通り出来てはいましたがさて今晩から1人でやってみようとなったときに再現できるかどうか。少し時間置いてまた様子をうかがってみたいと思います。

でもこんなことが出来るのもまちのでんきやさん、というか自店の強みなんだろうし、そんなことまでやってくれることとか、ましてやそもそもIHクッキングヒーターの取り付けとか交換とかうちの店がやっていることすら知られていないかもしれないし。

IHクッキングヒーターのお取替え、新規取付(電気工事が必要)ようでんでやってますよーーー!

って、いま叫んでみても、ねえ笑

そんなわけで当たり前にやっていることももっともっと発信していかなくちゃね、っていうお話でした。決して最近の家電が使いにくいとかそんなことを言ってる話ではありません(笑)

この記事を書いた人

田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP