照明器具のリモコン押しても電気がつかない問題は意外とここが原因かもしれません

私が子供の頃は家の中の照明器具といえばペンダント式やシャンデリア式のものが多くてどれにもヒモがついていました。ヒモを引っ張って電気をつける、消す。寝る時はオレンジ色にぼんやり光る豆電球にして寝る。なつかしい。

照明器具のリモコン押しても電気がつかない問題

今でもヒモを引っ張るタイプはあるけどほとんどが天井にベタ付けでリモコンで操作するタイプとか、壁スイッチで入り切りするダウンライトとか、ペンダントも壁スイッチのことが多いですよね。

そのリモコン。押してもつかない。そういうお問い合わせのお電話って割とあります。

電池も新しいものに取り替えた。スマホのカメラで赤外線ランプが点灯していることも確認できた、けど電気がつかない。

そんなときはここを確認してみてください。

チャンネル切り替えボタン

照明器具のリモコン左はパナソニックのLEDシーリングライト。右はアイリスオーヤマのLEDシーリングライトのリモコン。

このリモコンに実は「チャンネル切り替えボタン」っていうのが付いてます。

たとえば同じ照明器具が近くについていても隣の照明の方に反応しないようにこの照明器具はチャンネル番号「1」となりは「2」とかっていう設定ができるようになってます。これがないとリモコン押したらどっちも点灯しちゃう。それぞれ単独で調整できるようになってます。

チャンネルボタンはこんな場所についてます

メーカーや品番によって場所は異なりますがどこかについてます。

右のアイリスオーヤマのは電池の蓋のところに付いてました。

チャンネルCH1、2って切り替えられます

たまに本体の横の方に付いていて何かの拍子に触ってしまってチャンネルがずれてしまい、それで押しても照明が点灯しない。。。そんなケースもあります。けっこうあるあるなのでもしリモコン押してもつかないよーーーっていうことがありましたらここを確認してみてくださいねー。

汎用リモコンも売ってます

チャンネル変えてもつかない、、、という時はリモコン本体の故障か、照明本体の故障かもしれませんのででんきやさんに相談してください。ちなみにリモコンはどのメーカーでも使えるというこんなものもございます。

ヒモ式が珍しくなった今、リモコンや壁スイッチに頼っている照明がつかないとなると慌ててしまいますがいちおうチャンネルのご確認だけよろしくお願いいたします!

 

この記事を書いた人

田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP