(電気圧力なべ使用)野菜からの旨味と塩だけの美味しいスープの作り方

昨日は夏野菜ソースのご紹介でした。

今日はスープです。電気圧力なべにお好みの野菜入れてスイッチ押すだけという超簡単でとっても美味しいスープは冷蔵庫もお腹もスッキリしてくれること間違いなしなのでこの圧力鍋持ってる人はぜひ作ってみてほしいです〜。

野菜からのお出汁がハンパないです。旬のお野菜、一年中あるお野菜、なんでも一気にまとめて入れて作っちゃおう。

電気圧力なべで作る「野菜スープ」

野菜からの出汁が美味しいスープ

材料(4〜5人前)

冷蔵庫に余っている野菜なら基本何でもオッケー。今回使った野菜は・・・

10種類の野菜になりました。量的にはなべに入るだけ笑という感じなのですが、内なべの調理マックスのラインまでならどれだけ入れても大丈夫です。

今回はお野菜以外に「ハム」を4枚サイコロ状にカットして入れました。ベーコンやソーセージなど味出しの食材がなにかひとつあるといいのですが無かったらなかったで野菜のみで勝負してもまあまあいけます笑。

あとは、ローリエ2枚と水200ml、塩小さじ1弱

作り方

野菜はサイコロ状にカット。ハムも同じようにカット。水200、塩小さじ1弱、ローリエとともに全部の材料を鍋に入れ蓋をして「無水調理」10分で加圧。

無水調理なのに水を200入れていますが笑、調理終了後ふたを開けて水分の出方を見てさらにお水は足しても良いと思います。塩加減も味見して調節してくださいね。

使うお野菜によってこの辺は違いが出ると思います。

超大量のお野菜

ハムとローリエ、塩乗せて蓋をしました

無水調理10分

味付けは塩のみ。こしょうはお好みで。

塩だけでも野菜からのお出汁で十分美味しいです。なんともいえない甘みもあります。

永遠に飲んでられる

こういうものをいただくと、シンプルな家庭料理は最高だなあって感じます。野菜ってすごいですよね。

(上に乗ってるのはバジルの葉っぱです)

 

この記事を書いた人

田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP