【動画あり】パナソニックの電気圧力なべで作る「フツーのカレー」がなかなか美味しい件

電気圧力なべで作る「ごくごく普通のカレー」がなかなか美味しい

超フツーのポークカレー

最近スパイスカレーばかり食べていたので市販のカレールウを使って作るカレーは久しぶりです。

今回はカレールウのパッケージに書いている作り方のように鍋で油を使って炒めてから煮込む方法ではなくパナソニックの「電気圧力なべ」を使って作るので炒め油は不要です。かなりあっさりとしたカレーになります。

カロリー50%オフのジャワカレーを使っているのでさらにあっさり。

お料理をしたことがない人でも作れるくらいカンタンなのですがいちおうレシピ書いておきます。

材料4人分

作り方

  1. 肉は一口大に切る
  2. じゃがいもは大きめのざく切り、人参乱切り、たまねぎは大きめのくし切りにする
  3. 鍋にカレールウ以外の材料を全て入れ蓋をしてつまみを「密閉」に合わせ自動調理1でスタート
  4. 圧力ピンが下がったら「取消」ボタンを押して、蓋を開けカレールウを加えて混ぜ、「煮込みモード」10分で煮込んだら完成(煮こみの時はルウの飛び跳ねに注意)

好みのルウでどうぞ〜

材料切って鍋に入れてスイッチ押すだけ。

その間買い物に出かけてもいいしお昼寝してても良い。あなたは自由です。完全に放置できるから「今日はご飯作りたくない!」っていう日にももってこいです。

 

もってこい、ってなんでしょうね。

 

材料切るところから、ピンが下がって蓋を開けルウを入れて煮込み終わるまでの時間が約1時間。

ピンが下がって2〜3時間放置しててもぜんぜん大丈夫なので(夏本番はさすがに心配ですが)本当に自由に過ごせます。

もしかしたら電気圧力なべのメリットを最大限感じられるのが「カレー」かもしれません。短時間でごろごろ野菜もほくほくになり、お肉は箸で切れるやわらかさ。

油分もカットできてヘルシーです。

電気圧力なべ持ってるけどカレーはやったことなかったわーという方、是非お試しください。

動画はこちらです。

 

 

 

この記事を書いた人

シノズ 田中 忍
1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で12年目。店舗内で接客を担当。毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP