プラズマテレビの故障

プラズマテレビの電源が入らない(赤いランプが点滅している)

本日のご用件

プラズマテレビ(2008年製)

すでに販売終了しているプラズマテレビ

ぼくの記憶では7〜8年ぐらい前には販売を終了した「プラズマテレビ」

その後は各社ともに液晶テレビへとシフトしていきましたね(最近は有機ELも)

プラズマテレビはそろそろ買い替えの時期かも

画面(パネル)以外の部品が故障した場合ですと、部品交換で修理することもできるのですが、ある程度の年数が経つと部品が供給不能で修理ができないこともあります(7年を超えたあたりから怪しくなってきます)

ちなみに画面(パネル)が故障してしまった場合は、修理代がかなり高額になるので新しいテレビに買い替えることをおすすめしています。

この7〜8年ぐらい経ってからの故障は「修理してもうちょっと使うか」「思い切って買い替えるか」悩むところです。

プラズマテレビの電源が入らない(赤いランプが点滅している)

プラズマテレビが故障して異常検知をすると自動的に電源が切れるようになっています(その故障箇所が直るまで電源は入りません)

その場合、電源ランプ(赤)をピカピカ点滅させてエラーコードをお知らせしてくれます。そしてこの点滅回数である程度の故障原因がわかるようになっています。

また時には「症状が出たり出なかったり」ですとか「故障箇所が数カ所重なっている」といった場合は、これとは別の方法で診断をしていかなくてはなりません。

ですので、あくまでも「参考程度」ということで宜しくお願い致します

テレビの画面に縦線が出る

ちなみにモザイク的なノイズ(ブロックノイズ)が画面に現れた場合は、テレビの故障ではなく「アンテナ設備のトラブル」が考えられます。

おわりに

今回は誰でも簡単に確認できることだけをお伝えしました。繰り返しになりますが、くれぐれも参考程度でお願いします。

それでも、こうしてある程度の予備知識があれば「修理か」「買い替えか」の決断がつきやすくなるかもしれませんね。

いざ、電器屋さん、修理屋さんに診にきてもらったのに「部品がないので直りません」と言われ「出張費や診断料の費用が余計にかかってしまった」ということは避けておきたいところですね。

この記事を書いた人

ゆうきゃん 田中 祐次
北海道美幌町で電器店をやっています。座右の銘「日々是好日」。好きな言葉「地道が一番の近道」「初心にかえって本日開業」 松下幸之助商学院26期、エクスマ82期、ニックネーム「ゆうきゃん」

書いた人のページ

ようでんを応援してね!

TOP