YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

【レシピ掲載しました!】とろろ昆布と鶏胸肉のレンジ蒸し

久々に2品ほどレシピの試作をしていました。

電子レンジだけで作るレシピって実はどこか後ろめたさがあったりそんな簡単なものを本にしてお金とっていいの?とか勝手に思ったりしていたんですけど、実際本屋さんにいったらゴロゴロとありました(笑)なんだよー需要あるじゃないかーと。

ジャガイモとベーコンの煮物は本当に簡単すぎてゴメンレシピでした。でも美味しいって言ってくださる方も多くてまた違うの作ろーって励みになりました。

そこで今回は、

またしてもレンジ活用レシピを考えてみました。

とろろ昆布と鶏胸肉のレンジ蒸し

鶏胸肉を使ってみたかったのと、意外と残ってしまうとろろ昆布を活用したい。その思いから出来たのが今日のレシピです。切って並べてラップしてレンチンするだけという手軽さは今回も健在。彩りよくなり見栄えもするので今日は青じそ使用していますがなきゃないで全く問題ありません。でも梅干しは欲しいなあ。

材料

作り方

  1. 鶏胸肉は皮をとり厚さが均一になるようにそぎ切り、酒と塩を揉み込む
  2. 耐熱の平べったい皿にとろろ昆布の半量をドーナツ状に敷き詰めその上に①を並べていく
  3. さらに鶏肉の上にとろろ昆布の残り半量を乗せていく

    こんな感じに(とろろ昆布の量参考になるかな、下にもあるよ)

  4. ここにラップをふんわりとかけて電子レンジ600Wで3分半加熱。その後ラップしたまま放置して少し蒸らす
  5. 梅干しは種を取り包丁で叩いておく。青じそは千切りにする
  6. ラップをはずして梅干し、青じそをトッピングしたら完成。

耐熱皿から移し変えて盛ってみました

箸で取り分けられます

片栗粉まぶしたらくっつかないのかな、どうかな、やってないからなんとも言えない(笑)とろろ昆布と梅干しだけで食べられます。旨味がすごいから醤油もいらない感じ。

忙しい人は鶏肉の下ごしらえだけしておけば帰宅後すぐに作れていいかも。薄くそぎ切りにするとこの加熱時間でも問題なし。少し蒸らすのもポイントです。

これ、鶏胸肉ととろろ昆布以外はもしかしたらアレンジの効くレシピかもしれません。そんな余白ありのレシピをもしよかったら作ってみて他のアレンジとか私にも教えてくださいね〜。

もう一つは少し調味料の量と加熱時間を見直してまた次回ご紹介します!

ようでんを応援してね!

募集中2019.10.26

リクエストメニューでシノズキッチン(土曜の部)

募集中2019.10.27

リクエストメニューでシノズキッチン(日曜の部)

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

心もカラダもあたたまるスープレシピ3品少しずつ寒くなってきたこの時期食卓に汁物(スープ)があるとホッとしますよね。お味噌汁はもちろん美味しいのですがそれ以外のスープ系もたまに食べたくなります。カンタンに手に入る材料で簡単に作れるものばかりですので是非作ってみてくださいね♪
TOP