YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

テレビの裏に貼られていたお客様が書いたであろうメモ紙を見て嬉しくなってしまった話

私は普段お店にいてお客様のお家に上がる機会は滅多にありません。

ご来店くださるお客さんとはお話しできるけど私たちのような個人店では訪問のことも多いから、お得意様なのに一度もお顔を見たことがない、なんてこともざらにあります。

おうちに上がって色々作業したりお話しできる男性陣はいろんなエピソードを持っていると思う。

一人一人のお客さんとの長年のお付き合いの中で感じあっていることとか、色々。

今日の社長の黒板にはこんなことが書いてありました。

昨日の強風で鯉のぼりが絡まって泳げないというご相談がありました。とりあえず見に行ってきます。

鯉のぼりが泳げないという難易度の高いご相談にも応じてくれるんですね!(笑)

まあこれは一般的なご相談ではないのといつもお世話になっているお客さんだったので裏メニュー的な感じで行っています。

でんきやさんがどんなイメージあるのか中にいると見えなくなってきますが、思っている以上になんでもお声かけいただける存在かもしれません。それは何でも屋さんとか便利屋さんとかそういった意味ではなく。

電気のこと、家電製品のことで1軒のお客さんのお家の中のことにたくさん関わらせていただくと、ツーと言えばカー的な感じで話が通じやすくなります。家の中の電気関係はおまかせ状態。もちろんパソコン関係も。これはまた特別だけどスマホ水没しちゃってお仕事忙しくて携帯ショップ行けないお客さんの代わりに行ってあげて交換したりとか、挙げればキリがないくらい「エーーーそんなこともやってくれるのー」ってことがあります(笑)

あくまでも、とくべつだけども。

こういう依怙ひいき的なことはあっていいと思ってます。お客さんは平等じゃなく公平に対応して行きたい。

そしてね、今日はこんなツイートをしました。

お預かりしていたテレビの修理が終わりお客様宅へ配達に行くところの社長ナウなんですが、何かがテレビの裏に貼られていることに気が付いてしまいました。
このプラズマテレビが納品された年月日と曜日のメモでした。こういうのたまらないですね。大切にしていただきありがとうございます。

テレビが映らなくなったーという電話を受けてお預かりしていたお得意様のプラズマテレビ。結構大きなテレビで当時かなり値段も高かったはずです。茶の間に置くテレビとして今まで活躍し続けてくれていました。今はもうプラズマテレビはなくなり液晶テレビが主流となりました。もっともっと薄いサイズのもの。

こちらはなかなかの重量感。

そんな茶の間の中での主役ともいうべきテレビ。

お客様が大切に使ってくださっていたんだろうなーっていう様子が伺える張り紙を発見してしまいました。そのメモはテレビの背面に貼ってありました。

土曜日の納品だったんですね

お客様はただ記録として忘れないように貼ってくれただけだと思うのですが、こういうの見るとなんだかたまらなく嬉しくなってしまうんですよね。

このテレビ、診断の結果は接触不良だけだったので修理も完了しまたこのお客さま宅のお茶の間で活躍してもらえそうです。

お客さま宅へ帰って行きました

ようでんを応援してね!

募集中2021.10.24

簡単スパイスカレーとかち割りポテトフライ

ようでんのヨメ 田中 忍(シノズ)

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で12年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、SNS、販促関係全般が主な担当業務。最近はシノズキッチンでスパイスや冷凍カレーを販売している。 毎日更新のブログでは「まちのでんきや」の仕事内容や、家電にまつわる情報、調理家電を使った料理のレシピを発信。 「ダイエットしなきゃ」と言いつつビールを飲むことが何より大好き。

PROFILE

今月のテーマ

カンタンごはんレシピ3品新米の季節だというのに白飯のまま食べずにアレンジしまくっているレシピを3つご紹介。超カンタンです。

オススメレシピ一覧

TOP