YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

網走の【そば切り温】は蕎麦好きの友人に是非ともご紹介したいお店

ついに行けました2回目のお蕎麦屋さん。

そば切り温

ここは前に一回だけ行ったことがあります。確か辛味大根おろしそばかなんかを食べてとっても美味しかったんだけどお子様連れのお客様がとってもハッスルされていてお蕎麦に集中できなかった・・・そんな思い出が確かあります(笑)

で、ブログにも書いた記憶があるんだよ。

ちょっと探してみます。ごそごそ。ごそごそ。。。

ありました!

FC2ブログ時代の記事でした!5年も前の記事ーーー。5年ぶりに行ったということか!!!

そば切り温に初めて行った5年前のブログはこちら

よく読んだら辛味大根そばじゃなくてとろろそばだった笑。人の記憶なんてそんなもん。

 

今日、本当は網走のスープカレー店に行く予定だったんだけどその道中、ちょっと偵察してみるかということになり覗きに行ったらどうやら開店と同時に入れそうだということになり急遽カレーからそばに変更になりました。

11時半開店のお店は開店前から行列です。郊外からのお客様もいます。

林の中にあるお店秘境感たっぷり。

私たちが到着したのは開店10分前くらい。

それでもこの行列。私たちは5組目の札をゲットできました。6番以降はかなり待ち時間がアップするのでご注意ください。

(一度にさばける人数が限られているみたいですね)

私たちはこの雰囲気込みでそばを味わっていると言っても過言ではない

よく考えてみるとこういう山の中にあるお蕎麦屋さんってその環境込みで価値を売っているという気がしてならないのです。

その秘境感に惹かれてお客さんも足を運ぶ。ここまで来たのだからお蕎麦も美味しいに違いない。そんな願望も若干抱きながら入店すると思うんですね。この時代においてはそれなりに事前に下調べをした上での来店だとは思いますが、それでも高まりますよね、このシチュエーションは。

なかなかの古民家具合です

お蕎麦って特に難しい。何が難しいって主観的な食べ物だから。

好みが分かれるし絶対的な指標がないから難しい。ラーメンも主観的食べ物だと思うけどそれ以上にお蕎麦って、お蕎麦って!みたいなところがあるじゃないですか。

ウンチクの激しい食べ物だしね(笑)

だから、私的指標としてはとりあえず自分で食べてみて好きかどうかで判断。細かいところは全く無知ですが好きか嫌いか。高評価のお店だったとしてもお蕎麦を食べた時になんかイマイチだったら私が好きじゃないお店。そんな風にレッテルを貼ってます。生意気言ってすみません!

で。

こちらのお蕎麦やさん。

そば切り温。

このお蕎麦とっても美味しかった!

十割の北海道産そば粉使用です。十割は食感がモソモソしたりすることもあるけどこれはそんなことなくてむしろもちもちしていた!細切りの方は特にもちもち感が感じられた。

2種のもりそば。

そばつゆは若干醤油感が強め。甘みは少なめ。好みは分かれるところ。私はそばの美味しさであまり気になりませんでしたし、山ワサビをつけながらお蕎麦を食べたのでとっても美味しかった!!!

モチモチの十割細打ちそば

手前はホタテと玉ねぎのかき揚げ。奥はごぼうのかき揚げ。

サブメニューとして頼むならかき揚げシリーズはテッパン。

フリーワイファイもあるよ!

器も可愛い

店主自ら作り上げた古民家風の店内は梁が立派でした

こういう飲食店をブログに記事として書くことってそんなにないんです実は。

でもこのそば切り温は前回に続いてやっぱり書きたくなるお店。

それってなんなんでしょうね。

よくわかんないんですけど、ツイッターで千葉のラーメン屋さんの奥様ノブコとコメントやりとりしててちょっと思うことがありました。

 

待たされても行きたくなるお店は確かに素敵。

でもお店側として考えた時に待たせることはやっぱり気がひけることだから。

それをノブコは言ってくれたんですね。

そば切り温さんは多分絶対的スタッフ数不足。これに尽きるのかと思います。キャパ的には20数席あるけど一度にさばける数に限りがあるのでせっかく来てくれたお客さんに「ただいま満席で一時間ほどの待ち時間です」って言わなきゃならない。そう言われたお客様は帰ってしまう。

そんなやりとりが何組も今日も見られていました。

お店って難しい本当に。おいしいだけでは成り立たない。

だからこそ面白いし工夫のしがいもあるし今後どうなっていくかは未知数なんだよね。

雰囲気はサイコーなんですよ!

美幌、網走方面に来る予定のあるお友達はもれなくご案内しますので〜(^ ^)

そば切り温

サイトはこちら→

営業時間11時半から17時。定休日はサイトには月となっていますがグーグルでは月金。(グーグルの方が最新と思われます。営業時間も。)

11時半の開店前から行列のこともあり。5組ほどで1回目の注文が満タンになるためそれ以降のお客さんへの提供は1時間後くらい覚悟。5組目に入ったとしても30分以上提供までに時間がかかるので時間に余裕を持って言った方が良い。

支払いは現金のみ。カード不可。全席禁煙。FreeWi-Fi有(!)

 

ようでんを応援してね!

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

暑くても灼熱地獄にならないで作れるレシピ3品夏本番。キッチンの環境は過酷を極めています。さっぱりした素麺が食べたいと言われ茹でてる間こっちは汗だく。涼しげな料理を作る過程では涙ぐましい汗水たらした工程があります。でも大丈夫。暑くてもそんな苦労しないでカンタンに作れるお料理がたくさんあります。そんな3品を今月はご紹介。
TOP