YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

一度もSNSに投稿していないんですけどこれ誰かに作って食べてもらって感想聞きたいです

いやー、まいった。

あのですね。お料理って自分で実際に作ってみたり食べてみたりしないと写真だけではわからない。レシピ本のお料理はどれも美味しそうに撮ってあるので特にそう。

たまに外れたりもするけど、これきっと美味しそうだなーって思って実際に作ってみてたいていの場合まあまあ美味しいです。想像通りっていう感じ。最近気になっていたレシピがあっていつか作りたい作りたいーって思っていました。そしてついに作りました。

でもいまいちわかんないんです。正解が(笑)これにはまいった。

こちらなんですけどね。ご存知土井善晴先生のレシピで「納豆トースト」

塩で食べる?え?パンに挟むの?納豆を??みたいな、がぜん作ってみたくなるレシピでした。

確かめてみたいというか、今まで納豆トーストは作ったことあるけど食パンに納豆を乗せて溶けるチーズを乗せてトースターで加熱、みたいな作り方でした。なのでパンに切れ目を入れてそこに納豆を挟み込んでフライパンで焼くなんて、しかも味付けは塩のみ!付属のタレも使わない!どんな味なのーーーーーーー!って気になりすぎて眠れないほど。いや寝るんですけどね。

多めのオリーブオイルでカリッと両面焼きます

簡単に作り方を書くと、

普通に売っている納豆1パックを混ぜ混ぜして(付属のタレは使わない)、食パンは横から包丁を入れて納豆を挟み込むスペースというかポケットを作ります。切れ込みを入れる感じ。パンを袋状にするイメージ。

で、混ぜ混ぜした納豆をパンのポケットに入れる。

フライパンにオリーブオイルを熱してじっくりゆっくり食パンを焼いていく。両面ひっくり返しながら焼く。たぶん5分くらいで完成。で、まな板の上に乗せて包丁で4等分くらいにカットして皿に盛り付け塩をパラパラとふりかける。

以上ーー。

こうなります

でね。

食べてみたんですよ。初めての納豆トーストを。塩で。

確かに美味しいんだけどこれが正解なのか、塩で食べるという斬新すぎる味付けに多少戸惑っていました。納豆の味がダイレクトにわかるしパンとの相性もいいんだけどいまいちわからないというかなんというか・・・

シンプルすぎてわけがわからなくなりました(笑)

でもツイッター上では絶賛のコメントがたくさん書き込まれています。私の舌がおかしいのかもしれないとか思ってしまうほど。

なのでこれ数日前に作っていたものなんですけど他のSNSに一切アップしていないんです。どうやって投稿していいかわかんなくなったから(笑)

なので誰か作って欲しいです(笑)

そして食べてみて感想聞かせてくださいーーー。

ここだけの話、私は納豆とチーズを混ぜてからパンに詰めて焼いたら超絶美味しくなると思いました。土井先生ごめんなさい!!!

ようでんを応援してね!

募集中2019.5.25

ご家庭でも作れる!辛口スパイスビーフカレー

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

フードプロセッサー活用レシピ3品フードプロセッサーは便利だけどしまい込むと二度と使われない可能性もある調理家電。手作りすると一段と美味しくなるあんなものやこんなもの。時短調理にもなるのでどしどし使っていきましょう。
TOP