YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

偶然できた春キャベツとあたりめの和え物はおつまみに使える。

当店は本日、明日、明後日の3日間は営業しています。明日から令和。気持ちも若干ですがピリリと引き締まる思いであります。若干ですが。

さて、平成最後のブログは何にしようかなーっと思いながら冷蔵庫の中から春キャベツを取り出し何を作るか考えていました。炒めるよりも塩もみして生で食べたい、そんな気分でした。

塩昆布かツナ缶か。

合わせる具材をどうするか。

食材が入った引き出しをながめていたら中途半端に余っていたおつまみの袋が目に入りました。

あたりめって美味しいですよね

ビールと一緒に時々いただいているあたりめ。糖質も低くタンパク質が多いのでダイエット中でも遠慮せず食べられるので結構常備している食材。よく噛むので最適。

もちろんそのまま食べていいけどこれって料理に使えるのでは、、、と思ったので試験的に使ってみました。まあまあいけるのでは!と思ったのでツイートにも書き、こうしてブログにも残しておきます。

 

春キャベツとあたりめの和え物

材料

作り方

  1. 春キャベツはやわらかいので手で一口大にちぎってボウルに入れる。塩を入れてざっくりと混ぜ少し揉み込み15分くらい置く。水気が出てくるのでしっかり絞っておく
  2. あたりめ、塩昆布、ごま油、黒胡椒を混ぜて和えれば完成

キャベツの芯

厚みがあるので包丁でそぎ切りにして使いました

せっかく手でちぎって包丁も使わず作れるーと思ったのに結局まな板と包丁必要になりました。

塩しっかりめにしても大丈夫

わしゃわしゃ

この組み合わせ初めてやったよ笑

今回使ったのはほぐしてあるあたりめでした。ほぐされていないものを使うときは手でちぎったりハサミでカットしたりすると味が馴染みやすいと思います。

塩昆布も少しだけ入れました

(あたりめにまだ絶対の信用がなかったので保険的に投入)

ごま油や黒胡椒は入れると美味しいと思うなー。

作り置きしても2〜3日いけるかな。

検証していないのでなんとも言えませんが、夜のおつまみとして出したらすぐなくなってしまうのではないかと思ってます^^おつまみとして売られているあたりめを使って料理して、結局おつまみになるという笑。

あたりめが少し柔らかくなって乾物の時より食べやすいかと思うので興味のある方はやってみてくださいねー。簡単です!

 

ようでんを応援してね!

募集中2019.5.25

ご家庭でも作れる!辛口スパイスビーフカレー

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

フードプロセッサー活用レシピ3品フードプロセッサーは便利だけどしまい込むと二度と使われない可能性もある調理家電。手作りすると一段と美味しくなるあんなものやこんなもの。時短調理にもなるのでどしどし使っていきましょう。
TOP