YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

冷蔵庫チャレンジという名の私のマイブーム

大それた挑戦はできなくても日常生活の中でちょっとした達成感を得ることができます。最近はまっているのが、冷蔵庫にある食材だけで毎日毎食何かを作って次第に冷蔵庫の中がガラガラになっていく様を楽しむというものです。

今までは、まだまだ食材が残っているのにスーパーへ行くとどうしても何かを買ってしまう。帰ってきて冷蔵庫に食材を仕舞っていくと満タンになる。満タンが10だとしたら5くらいで買い物へ行き5を買ってきて10になる。という繰り返しでした。

それを1〜2くらいまで頑張って減らしてから買い物へ行くとなんともまあスッキリします。1まで減らす過程で「これしかないのに明日何作ろう、、、やばい」というシチュエーションが何度もやってきますが、その壁を乗り越えたときの達成感は相当なものです。

この挑戦を「冷蔵庫チャレンジ」と呼んでいます。呼んでるのは私一人だけです。心の中で呼んでいます。冷蔵庫チャレンジがマイブームです。

大根の皮と余っていたにんじん

おでんを作ろうと買っておいた大根は皮を厚めに剥きます。厚めに剥いた皮はきんぴらになります。苦味が程よくて私は個人的に好きな一品です。生ゴミも出ないし作り置きにもなるしで重宝します。

タッパに入れて保存

食材はもちろんですが調味料もきっちり使い切るととても気持ちがいいものです。オイスターソースや豆板醤など瓶に入っているもので毎日は使わないものは冷蔵庫のドアポケットにしばらく滞在しがちです。瓶の底に残る少し固まりかけてきた豆板醤。瓶の口からお酒を少し注いで蓋をしてシャカシャカ振って鍋に全部入れる。きれいになくなった豆板醤のビンを見て、とてもいいことをした気分になる。そして次の買い物でまた豆板醤を買う。

庫内指数「2」くらいだったときのいつかの夜ご飯

そういう毎日の暮らしの中のささいな「気持ち良さ」はとても大事なので冷蔵庫チャレンジおすすめです笑。かなりスリリングな場面もありますがそこは知恵を絞って何かしらの料理をあみだし、綺麗に食べきることでまた気持ちよくなれます。

まだまだミニマリストにはなれませんが、なるべく冷蔵庫を着膨れさせないようにしながら料理していきたいです。小さな挑戦なら毎日できる。ひとりで楽しめるしけっこう気に入ってます^^(家族には迷惑かけないように最新の注意をはらいつつ笑)

そういう意味でもお弁当は最強

ようでんを応援してね!

募集中2021.3.14

お弁当を作ろう!

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

バレンタインデーにおすすめ簡単レシピ3品今年のバレンタインデーのご用意はお済みですか?簡単で美味しい手作りスイーツをお探しの方におすすめを3つ。一個はパンですが笑、どれも喜んでいただける美味しいレシピ。チョコ好きさんにも喜んでいただけるはずです。

オススメレシピ一覧

TOP