YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

炊飯器に入れて炊くだけ「カオマンガイ」を初めて作ってみました

昨日急遽アップした冷凍キーマカレーのバラ売りバージョン。おかげさまで残り1パックとなりました。すぐにオーダーしてくれた方、メッセージくれた方ありがとうございました!やっぱり一人でも多くの人に食べていただけるのはうれしいです。

 

今日は、、、

そろそろ普通にお料理作ったよブログを笑。

これ作りました

カオマンガイ。すごい名前だな。タイ式の炊き込みご飯とのことでございます。

カオマンガイって言う名前は知っていたけど食べたこともないし本当に美味しいのかはなはだ疑問、って感じで今まで手付かずの部門でした。鶏モモ肉で作るのが基本形みたいで、炊飯器に入れて一緒に炊くらしく、お肉に焼き目がついていないから皮がぶよぶよした感じだし(鶏肉の皮が苦手)味薄そう・・・っていうイメージ。失礼。

これを毎日お世話になっている鶏胸肉で作ったら?皮取ってから入れたら??というわけでやってみました。

ブログにするつもりもなかったので写真が完成系しかありません。ほんと、炊飯器に入れた真上からのアングルくらい撮っておけばよかった。

だって出来上がって食べてみるまでこんなに美味しいと思わなかったんですもの。

カオマンガイ

鶏胸肉でもしっかりお米に味が染みていてごはんが想像以上においしかったのと、鶏胸肉がしっとりやわらかく炊けていてびっくりでした。かけるタレはお好みで調整できそうだしこれはまた絶対作る。玄米バージョンで圧力鍋でもやってみたい。

参考にしたレシピをもとに少しアレンジしたもの。簡単な覚書き。

*盛り付けの時に添えるお野菜はきゅうりやパクチーが合いそうです。今回はその他にトマト、にんじんの塩もみしたやつにやさしいお酢をまぜただけのものを添えました。あとからナッツを砕いたものもかけています。

白いお皿バージョン

  1. 鶏胸肉の皮を取ってフォークでざくざく穴をあけビニール袋に入れて下味材料全部もみこみ冷蔵庫で一晩置く(3〜4時間程度でも良いと思います)
  2. 米を研いで2合のラインより少しだけ水を少なめに入れ、お米の味付け材料全部と鶏肉を入れて普通に炊飯する。
  3. 炊き上がったら鶏肉を取り出してごはんを混ぜておく
  4. 鶏肉をスライスし、お皿にごはん、鶏肉、お野菜を盛り付け食べる直前にタレをかけていただく。

一度作ったら流れもわかるし次からは簡単。というか最初から簡単。鶏肉の下味はしっかり時間かけたほうが美味しくなりそうな予感。炊飯器で一気に全部できるのがうれしいですね。ごはんは下の方におこげができていてごはんだけでも美味しいです。

私もまた作ってみますね〜。

さて、明日のお料理教室の準備をしまーす。

 

ようでんを応援してね!

募集中2021.10.24

簡単スパイスカレーとかち割りポテトフライ

ようでんのヨメ 田中 忍(シノズ)

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で12年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、SNS、販促関係全般が主な担当業務。最近はシノズキッチンでスパイスや冷凍カレーを販売している。 毎日更新のブログでは「まちのでんきや」の仕事内容や、家電にまつわる情報、調理家電を使った料理のレシピを発信。 「ダイエットしなきゃ」と言いつつビールを飲むことが何より大好き。

PROFILE

今月のテーマ

カンタンごはんレシピ3品新米の季節だというのに白飯のまま食べずにアレンジしまくっているレシピを3つご紹介。超カンタンです。

オススメレシピ一覧

TOP