YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

【レシピ】超カンタンな栗きんとんの作り方

栗きんとん

今日もまたおせち関係。

料理教室ではかなり昔に圧力鍋で作る方法でご紹介したことがありますが今回はレンジ加熱で調理する方法です。本来は鍋で茹でてその後調味料入れて練ったりしますよね。

電子レンジとポリ袋(ジップロックも可)活用で超絶カンタンに作れる栗きんとんを是非お試しください。

って、もうお正月終わっちゃいましたね。

材料

作り方

  1. さつまいもは皮を厚めにむいて小さめにカットし5分程度水にさらして水を捨てる。
  2. 耐熱のポリ袋に少しのお水と1のさつまいもを入れ袋の口を軽く縛って耐熱皿に乗せラップをふんわりかけて600Wで10分加熱する。(袋の口はきつく縛ると途中で破裂するおそれがあるのでゆるく結ぶ。ジップロックはレンジで使わない。ラップは密閉しない。必ず水を入れる。)
  3. 袋にたまった水を少し残して捨て、熱いうちにさつまいもを潰していく。栗の甘露煮のビンを使って潰すのもオススメ。(写真参照)
  4. ある程度なめらかになったら栗のシロップを半量ほど入れて混ぜ、最後に栗を混ぜる。
  5. このまま皿に盛ってもいいし、ラップで茶巾結び的な感じで成型しても好きな食べ方でどうぞ。

もう少し小さくカットしてもいいかも

栗のビンでつぶしているところ

マッシャーやフォークで潰すのもいいけどこれだと洗い物が出なくて助かります(ずぼら)。瓶を上から乗せて潰していくとけっこう力もいらずカンタンに潰れます。この方法はYouTubeの作り置き食堂まりえさんの動画で紹介されていました。

12/30料理教室の時(参加者さんたちはサンドイッチ食べています^^)

(あまり強くゴリゴリすると袋が破ける可能性があるのでその辺は加減してください笑)

↑中に栗が入っています。

 

これは本当にカンタン過ぎる作り方ですので、しっかり伝統的な作り方をしたい方向けではありません。あと、甘みはシロップとさつまいも自体のものだけでみりんや砂糖は使っていないので保存的にはそれほど長くは行けないと思います。食べきれる量なので問題ないと思いますがその辺もご了承ください。

おせちだけとは言わず普段のおやつとしてもおすすめです^^

 

 

ようでんを応援してね!

募集中2022.1.23

おうちでも気軽に作れるスープカレーの回

ようでんのヨメ 田中 忍(シノズ)

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で12年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、SNS、販促関係全般が主な担当業務。最近はシノズキッチンでスパイスや冷凍カレーを販売している。 毎日更新のブログでは「まちのでんきや」の仕事内容や、家電にまつわる情報、調理家電を使った料理のレシピを発信。 「ダイエットしなきゃ」と言いつつビールを飲むことが何より大好き。

PROFILE

今月のテーマ

根菜レシピ3品この時期きっとおうちにある根菜を使った簡単なおかずをご紹介します。

オススメレシピ一覧

TOP