YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

最近ハマっている「ビーツ」をオーブンでホイル焼きにしてみた

今まで馴染みのなかったお野菜を使った実験。

ビーツ

ビーツなんて子供の頃ありました?あっても知らなかっただけなのかよくわかりませんが、どこかのインスタグラマーの人が投稿している鮮やかなランチプレートにこのビーツのオーブン焼きとやらが添えられているのを見て一瞬で心奪われました。

それからビーツの効能とか調理法などをググって、生でも加熱しても食べられること、茹でる時はお酢を入れるとえぐみが和らぐこと、オーブンで丸焼きにすると芋のようにホクホク感が出て美味しいということ、などを知りました。栄養的にもかなり優秀(各自ググってほしい)だったので積極的に食べたいと思いました。

(この辺でも手に入ります。私はコープ美幌店の有機コーナーでゲット。地元にもビーツを作っている農家さんがいらっしゃるようですね。)

そんなこんなで最近、生食や加熱調理を数種類試しては食べて楽しんでます。

ビーツはカットすると鮮やかな赤色でびっくりされるかもしれません。しかも包丁やまな板が赤く染まってしまうので何か敷物をしながら手袋をはいて私は調理しています。(キッチンペーパーや牛乳パック等がおすすめ)

今日は皮ごとアルミホイルに包んでオーブンで焼いてみました。

大きかったので半分にカットして

そうそう断面はこんなに真っ赤

アルミホイルで包んでオーブンへ

200度に予熱して

トータル30分焼きました

じゃがいもみたいにホクホクとはなりませんが、きんぴらにするとシャキシャキ感があるのに対してオーブン焼きはそれよりねっとりホクホク寄りかなという感じです。

おそらく180度くらいにして40分とかもっと長めに加熱するとホクホク感が出やすいと書かれていましたのでまたやってみます。(急いでたので今日は200度30分にしてしまった)

それでもこの味、わたしはけっこう好き。

食べやすくカットして

塩胡椒とオリーブオイルを少量かけました

このまま単独で食べても美味しいですし、他のお野菜と一緒にサラダにしてもいいですね。色移りするので一緒にする野菜は選ばないといけませんが赤色が華やかでお皿の上が明るくなります。見た目も食べても元気になれるお野菜。

自然な甘さが美味しいビーツおすすめです

 

 

1月24日のお料理教室でもこのビーツを使ったきんぴらを作ります。

当日はこんな感じのワンプレートを作ります

ビーツ自体が甘いので醤油だけでお味をつけます。

残席3名様です。まだまだ受け付けておりますのでビーツが食べたい人だけじゃなくても是非お申し込みお待ちしています!

詳細はこちら。

ついに再開♪ 1月のシノズキッチン参加申し込み受付開始しました!

▶︎お申し込み方法

  1. ツイッターインスタグラムのDM
  2. フェイスブックのメッセンジャー、1月の料理教室の告知投稿へのコメント
  3. 店に電話で申し込み(0152-73-1490)
  4. 私のLINE(これは特定の人のみ)
  5. 直接ご来店でのお申し込み
  6. 念力(こちらは現在休止しています)

ようでんを応援してね!

募集中2021.2.11

おうちで楽しむカンタンひなまつり特別メニュー

募集中2021.2.21

おうちで楽しむカンタンひなまつり特別メニュー

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

正月過ぎても使えるカンタンおせち3品もうお正月を迎えてしまったこのタイミングで今更作る人はいないかもですが、少し過ぎたって十分普段の食卓で活躍できるレシピですのでご紹介しますね。

オススメレシピ一覧

TOP