YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

稲田俊輔さんの新刊「ミニマル料理」から30分チキンを作ってみました

稲田俊輔さんの新刊「ミニマル料理」からこちらを作ってみました。

30分チキン

 

その名の通り鶏肉を30分焼くというレシピです。

焼き方が少し変わっていまして、まだ火をつけていない冷たいフライパンに鶏肉を皮目を下にして入れ弱火でじっくり30分放置スタイルで焼く、というもの。その間一度もひっくり返したり蓋をしたりしてはいけない。ただただ弱火で放置なのです。(塩コショウをしてからやきはじめます)

前に稲田さんのツイッターでそのレシピを見たあと2,3度作ったことのあるレシピ。

今回は本を見ながら作りました。工程写真が丁寧に載せられているのでその通り作れば間違いなく絶品チキンが仕上がります。

皮パリッパリでお肉はジューシー。

なにせ放置していて良いのでその間に副菜を作ったり後片付けをしたりかなり有効に時間を使えます。

今日は御飯作るのめんどくさいなあという日にもとりあえずフライパンに鶏肉入れて放置でいいなら作ろうかな、となります。

本当に画期的なレシピ。お世話になっています。

昨日作ったのは今までの中でも一番おいしくできました。やはり鶏むねより鶏もものほうが厚さがないのでいい感じに焼けます。

火をつけたところ

このまま30分ひたすら放置です。

30分経過しひっくり返したところ

ひっくり返したら火を消して10分放置。IHの場合は保温機能を使うと良いと書いていたのでそのように。

 

そして出来上がったのがこちら。

 

バルサミコソースで

(ソースのレシピも本の中に書いています)

このソースをレストランのアレみたくシャーっとやりたかったんですが全然上手にできずこんなカタチになりました笑。

皮のパリパリ感伝わるでしょうか。

放置でできるのでほんとおすすめ。

 

 

こちらの著書でございます

 

ようでんを応援してね!

募集中2024.3.7

ビリヤニを作って炊き立てをみんなで食べよう!

募集終了2024.3.17

映画シェフのようなキューバサンドを作ろう!

募集中2024.3.20

オープンいなり寿司が主役のお花見弁当を作ろう!

ようでんのヨメ 田中 忍(シノズ)

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で14年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、SNS、販促関係全般、補聴器が主な担当業務。最近はシノズキッチンでスパイスセットを販売している。 毎日更新のブログでは「まちのでんきや」の仕事内容や、家電にまつわる情報、料理のレシピを発信。 「ダイエットしなきゃ」と言いつつビールを飲むことが何より大好き。

PROFILE

今月のテーマ

ごぼうが主役のレシピ3品冬は根菜が美味しいので積極的に食べたいところ。腸活的にも食物繊維が取れておすすめ。今回はごぼうを使ったレシピです。揚げたり炒めたりレンチンしたり、とてもシンプルで簡単なので是非ご活用ください^^

オススメレシピ一覧

TOP