YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

店頭で売れる気配がなかった一冊の本がひとつのつぶやきで完売した話

ツイッターすごいな。

これは昨日投稿したつぶやきです。「聞こえの相談会」の最中にふと目に入った「シノズごはん」。シノズごはんっていうのは私が人生で初めて作ったレシピブック。レシピブックとはいえそんなに大それたものではなくて、見てお分かりの通り小さくて薄い本です。想像の3倍は薄いです(笑)
受注販売ということで注文入った数だけオーダーしようと思ったんですがちょっとだけ、ちょっとだけ大目に作ってあったんですね。
もしかしたらうちに来るお客さんにも見てもらえるかもーとか思って。
店頭に並べてお店に来てくれるお客さんにも見てもらおうかなーなんて思っていたんですがなかなかすぐには売れず。料理教室に来てくれたお客さんにも見てもらおうと思ったけど参加者さんが少なかったりいろいろあって・・・

売れませんでした!!!

余っていた10冊を並べたのは最近ですが

売れる気配がありませんでした!!!

 

というわけで。SNSのほうがこの本の認知度が圧倒的に高いのでちょっとつぶやいてみよーって思って冒頭のツイートだったわけです。ちなみに先日SNSで販売したときは結局トータル60冊くらい売れました。

あれーーー。
こんなところに【シノズごはん】が10部あるな。
どうしようかな。

ただこれだけを写真とともにツイートしました。

そうしたら「1冊購入させてもらってもいいですか?」って言ってくれる人が現れ。

https://twitter.com/RiecoK/status/912503613028679680

その後も同じように注文が入り。
メッセンジャーにも注文が入り。

夜には完売となりました!!

いや、たしかに10部かもしれない。たった10部かもしれないけど、私にしたら店頭で数日置いても見向きもされなかった本がたったひとつのつぶやきで、しかもかなりあいまいな書き方のつぶやきで数時間のうちに完売しちゃったことに驚いているのです。

なんかありがたいなー、ちゃんと見てくれているんだなーって思ったし、ツイッターはやっぱりスゴイかもしれないって改めて思いました。

それまでにちゃんと関係性をつくれるように毎日コツコツ続けていることが条件だとは思いますが、常にながれていくタイムラインの中でもひとつのつぶやきでモノが売れる、そんな時代に私たちは生きているんだなって。
なかなかスゴイことだと思いませんか?
とりあえずツイッターはやったほうがいいですよ。どんな人であっても。自分は別に仕事に関係ないしーとか思わずに。
今回みたいに思いがけず、買い逃していた激レアレシピブックが手に入るチャンス到来するかもしれないんですから(笑)
ツイートを見るだけだとしても価値はあります!さらにツイッターを使いこなせばもっと価値があります!!

 

あこさんは残念ながらギリギリアウトでした(笑)

 

本日全ての発送手配完了です。
そして。
昨日送った道内の方には・・・

 

もう届いてるよーーー!!!

 

昨日の昼につぶやいて夕方郵送して今日の午後には届いたよーーー!!!
日本の郵便ネットワークハンパない!
配達の人もありがとーーー!!!
ツイッターありがとう!!!

そして。
今回買ってくれたみなさん、ありがとう!!!

 

そんなわけで、レシピブック【シノズごはん】Vol.2もガンバリマス!!!

ようでんを応援してね!

募集中2019.8.24

電気圧力なべを使ってお手軽ワンプレートランチを作ろう!

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

暑くても灼熱地獄にならないで作れるレシピ3品夏本番。キッチンの環境は過酷を極めています。さっぱりした素麺が食べたいと言われ茹でてる間こっちは汗だく。涼しげな料理を作る過程では涙ぐましい汗水たらした工程があります。でも大丈夫。暑くてもそんな苦労しないでカンタンに作れるお料理がたくさんあります。そんな3品を今月はご紹介。
TOP