YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

書くの?書かないの?

書くか。書かないか。

ブログをこうして書いているのはもちろんきっかけはあったけどそれはそれ。

 

(昨日はじめてMacのカメラの使い方を知りました笑。今までやり方知らなくて)

SNSのこととかブログのこととかやり方的なことを教えてとたまに言われることがあるけどそんなの正直わからない。やり方というより続けることの方が大事だと思うので、毎日の習慣になるまでは淡々と書く、何か特別なことがあった時はもちろん書くし、何もなくても書く。なにかトクベツな大義名分のもと書くと、それがなくなったら書かなくなるし書かない自分を肯定できちゃう。ずるい。

今はそもそもそんな書く理由も探さず毎日のルーティンとしてただ書いてる。やみくもに書くとか無理やり書くというのとも少し違うけど、書いてくうちに書くことが好きになったしこのブログが意味あるものだと自分で思えるようになったから。

誰かのためとか自分のためとかそんなことも考えてない。いや結局回り回って自分のためなのかなあ。(いやもちろん読んでくれている人のお役に立てる情報もどんどんアップしたいという気持ちはあります。それは嘘じゃない)強いて言うならハミガキと同列で書かないと気持ち悪い的な感覚。たまに書くのがめんどくさいと思う事はあっても書かないで寝るのは気持ち悪い。そんな感じ。

たった一人を思い浮かべて書いてみようっていう話もいろんな人が言っているけど、毎日たった一人を思い浮かべてもいられない笑。それがベストだしベターだけど毎日ベストなブログなんて書いていられないので、私の場合は1週間に一度くらいですたった一人を思い浮かべて書いているのは。

この前こんな質問があったからあの人へのアンサーブログにして書いてみようとか、こんなことされて嬉しかったからみんなにも紹介しつつその人への感謝のブログにしようとか。

たまに書くブログならたった一人に向けて書くのはいいと思います。それが一番伝わるから。

で、なんの話でしたっけ笑。そうそう、ブログ。きっかけとしてはアリだけど誰かの影響だけで書いているとその効果はそのうち消えるし、書かない理由も誰かのせいにしやすいからとにかく書いてみる笑。私はそんな感じでした、とにかく書くことにまず慣れる。

朝起きて寝るまでに少しでも身体動かして何か食べて誰かと話して笑って怒って人と会わなくても何かしら見て何かを感じたならブログは書ける。繰り返し書いているうちにその人の個性もにじんで来たりその人っぽいブログになったりするんじゃないかなーって、そう思います。

でもね、だから毎日みんなブログ書こうよ〜!なんてとてもじゃないけど言えない笑、でもSNSくらいなら出来るよね、とは思う。24時間のうち5分くらいあれば1ツイートくらいできるよねって。5分も捻出できない人がもしいたとしたら逆に会ってみたい。あ、お仕事もっと頑張りたいとか楽しみたいとか今より良くなりたいって言う人の場合だけどー。

私はこのブログで少なくとも1年前よりは新しい人と出会えたり少しだけどお仕事につながったりしています。なので明日もまたブログを書きます。

その人によって何がやりやすいのかは変わると思うのでツイッターでもインスタグラムでもフェイスブックでもブログでも色々やってみたらいいですよね。ちなみに私はインスタとフェイスブックがやや苦手です(^^)

って、気がついたらなんでこんなに熱く語っているのか自分でもわからないけど、誰かに影響されすぎるな、自分で考えろ、ひとりで盛り上がってかまって欲しそうにしたり思わせぶりにつぶやくな、格言系はtestosteroneさんで十分足りている、ツイートのみならず誰かへのリプライ含め全部にいいねを押しまくる事はかえって逆効果、っていうか書くの?書かないの?そんなことよりケイトブランシェットのインスタは最高だ、お伝えしたい事は以上です。

昨日無事、割れちゃったスマホを新しいものに交換できました

ようでんを応援してね!

募集終了2024.6.23

映画CHEFのようなキューバサンドを作ろう!

ようでんのヨメ 田中 忍(シノズ)

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で14年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、SNS、販促関係全般、補聴器が主な担当業務。最近はシノズキッチンでスパイスセットを販売している。 毎日更新のブログでは「まちのでんきや」の仕事内容や、家電にまつわる情報、料理のレシピを発信。 「ダイエットしなきゃ」と言いつつビールを飲むことが何より大好き。

PROFILE

今月のテーマ

ガンバレ運動会のお弁当レシピ3品運動会のお弁当は特別感があるけれどなるべく手間をかけずに美味しいものが作りたい。見た目も華やかだとなお嬉しい。そんなお弁当におすすめのものを3つご紹介しますね。

オススメレシピ一覧

TOP