YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

【動画あり】レンジで作るいちご大福

レンジで作るいちご大福

先日の料理教室でも作ったいちご大福はレンジ加熱で作るビストロレシピで、ビストロのレシピ本に掲載されているもの。すでに「いちご大福」コースがビストロには登録されていて、白玉粉をスチームでいい感じに蒸しあげてお餅にしてくれます。ほんとすごい子ですよビストロは。

まさかのいちご大福コース

ビストロ以外のレンジで作る場合は二回目の加熱を200〜300Wにすることで同じように作れると思いますのでその辺も動画にしてあります。一番最後の所にYouTube貼り付けたので見てみてくださいね〜。

材料(10個分)

作り方

  1. こしあんを10等分して丸め、いちごが上半分くらい見えるようにあんこで包む
  2. 耐熱ボウルに白玉粉と水を入れて泡立て器でよく混ぜる。砂糖を加えてダマがないようにさらに混ぜる
  3. 2をラップなしでレンチン600Wで2分半
  4. 加熱後庫内から取り出しヘラでよく混ぜる(ダマになっているけど混ぜてくうちになくなります)
  5. もう一度レンチンする。今度は200〜300Wでラップをかけて3分半加熱。
    ビストロの場合は「いちご大福コース」で加熱、もしくは300Wスチームで3分半加熱
  6. 加熱後庫内から取り出しヘラでなめらかにコシが出るまでよく混ぜる
  7. 片栗粉をたっぷり敷いたバットに生地を移して10等分し、その生地であんこを包んで形を整える

あんこを丸めておきましょう

いちごの下半分くらい隠れるように包みました

いちごのへたは手で取っておきます。ここをナイフでカットすると水分が出てきやすくなるので、へたは手で取るのがいいと思います。

今回は粒大きめじゃなく粉状の白玉粉使いました

砂糖入れてさらに混ぜる。

1回目のレンチン

二回目のレンチン後

よーくヘラで混ぜるとコシが出てきます。

たっぷりの片栗粉へドボン

上からかぶせるのが作りやすいかな

下はなんとなく閉じて笑

入刀

糸(裁縫で使うもの)でカットするのも撮ってみましたがもちが柔らかすぎてパカっと開けず結局ナイフに切り替えました。

そのへんも全て動画に収められていますのでご確認ください笑

パカっ

なかなか手こずっておりました。

とはいえ、カットしたら断面萌えが激しいいちご大福なので、成型作業が大変かもしれませんが結果オーライになるはずですのでぜひ作ってみてください。

見た目のかわいさもそうなんですが、お味のほうもなかなかどうして美味しくて個人的にはこのおもちが最高だと思います。おもち、あんこ、いちごがそれぞれいいお仕事してます。

(わたくしごとですが、今まではアレルギーで食べられなかったいちご、何度かトライしてるうちにいちごアレルギーも軽減されてきたようで食べられるようになりました)

断面萌え

動画はこちら

 

 

ようでんを応援してね!

募集中2021.12.30

気軽に作れる和洋折衷おせち料理教室

ようでんのヨメ 田中 忍(シノズ)

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で12年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、SNS、販促関係全般が主な担当業務。最近はシノズキッチンでスパイスや冷凍カレーを販売している。 毎日更新のブログでは「まちのでんきや」の仕事内容や、家電にまつわる情報、調理家電を使った料理のレシピを発信。 「ダイエットしなきゃ」と言いつつビールを飲むことが何より大好き。

PROFILE

今月のテーマ

簡単おいしいじゃがいもレシピ3選じゃがいもが美味しい季節ですね。いろんな調理法でじゃがいも料理を楽しんでいただきたく今月はこんなレシピたちをご紹介。是非お試しください♪

オススメレシピ一覧

TOP