YODEN YOME SHINOBU - 田中 忍

スープカレー盛り付け選手権の行方(その2)

昨日その1のブログを書きました。

スープカレー盛り付け選手権の行方(その1)

今日はその続きをーーー

 

男性もやってくれてます。意外と男性はハマる人が多いかもしれません、お料理自体にね。そんなに難しくもないし。でも料理してるぞ感はあるし。いい塩梅です。これくらい豪快に盛り付けてもいけますね!

 

岡村さんはたくさんいろんなシノズキッチンメニューを作ってくれていてありがとうございます。フォカッチャもたくさん焼いてくれてるし。2枚目の写真のホワイトアスパラがおいしそう〜。

https://twitter.com/kawakyz97/status/995617035567546368

シノズキッチンin比布でお世話になったカワキーは毎日地元のお野菜とか使ったお料理をアップされてます。もう手慣れた感じですね🎵やっぱりアスパラの万能さったらないね!

 

同じ電気屋さんの沼ちゃん。沼ちゃんもビール部。亀戸のお店まで去年だったかな、行きました。ご両親とお住まいでお母さんが作ってくれたこのカレー。やっぱりアスパラが効いてますね!!お母さん確かに確認させていただきましたよ〜いつもありがとうございます!綺麗です!

 

なほさんはスパイスが大好きで何度もリピートしてくれてます。写真もうつわも素敵ですよねー♪

 

 

ガスメン!ガスメンキッチン!毎晩と言っていいくらい料理してるからもうこなれ感がハンパない。うつわの色とか形とかかわいいし!(笑)なんか盛り付けのこと頑張ってくれた感じが伝わってすごく嬉しい投稿でした!

 

船木さんは奥様が作ってくれたご様子。やっぱりアスパラ効いてるーーー!美味しそう♪

 

なんと!まさにプロの料理人さんです。北見のオムライスやさんのご主人は店にスパイス買いに来てくれて作ってくれました。プロの技も使ってくれてこれ絶対美味しいと思う!!トマトのもたのしみー!

さあさあ。待ってたよーー!伊豆旅館はなぶさの3代目はなちゃん。どうやら埼玉方面のうつわやさんからのプレッシャー半端なくてなかなか作れずにいたとかいないとか笑。

でも見て!この仕上がり!!別盛りシステム採用したんですね。これはマジで映えます。映えてます!!!

プロかと思ったーーー。(いや、プロなんですよね。プロの板前さんですからねー。すごいよー)

 

そしてラストは愛知県豊橋の工具店店長のてっちゃん。さっきのはなちゃんもてっちゃんも短パンビール部。そしててっちゃんもプロじゃないけど料理がうまい。たまに投稿されてるパスタの写真とかヤバいです!お店かと思うー。だから一人で家にいるときもお料理してるみたいですよー。チキンの焼き方とか卵の加減とか素晴らしいですよね!

 

と、2日に渡って書かせていただいたスープカレー盛り付け選手権。みなさんの投稿見ていると自然とニヤけるというかほんわか幸せな気持ちになります。

食べればほぼ一緒のスープカレー。どんなうつわにどんな感じで盛り付けようとも味はまあ変わらない。でも、食べてくれる人を思いながら食べやすくとか美しくとか綺麗に盛り付ける事って絶対大事だと思ってしまうんです。

たとえ自分だけが食べるものだとしても丁寧にすること、これは食事のこと以外にもきっと役に立つから。

私もこんなこと書いていながら一人だったらテキトーに盛り付けて食べることの方が多いけど笑、[少し気にする]これは意外とほかの色んな場面に影響してくるんじゃないかなー。

相手への思いやり(自分を含めて)

盛り付けにはそんなことが一番大事なんだなーって、みなさんの投稿見ながら思っていました。

 

 

で。

 

 

あのー。

 

 

大賞は??

 

 

明日発表です!

いろいろ諸準備があるんでね。明日発表です!!!

 

(引っ張りすぎてごめんなさい)

ようでんを応援してね!

募集中2019.8.24

電気圧力なべを使ってお手軽ワンプレートランチを作ろう!

ようでんのヨメ 田中 忍

1974年生まれ水瓶座。結婚3年目に「まちのでんきや」という未知の世界に足を踏み入れ今年で8年目。 店舗内で接客を担当。 毎月の料理教室、ニュースレター・チラシ作り、SNS、POPの作成等が主な担当業務。 まだまだ一般的にはわかりにくい「まちのでんきや」の仕事内容や、スタッフの様子、家電にまつわる情報提供をブログを通して広めたいという目的で毎日更新に励む。 「ダイエットしなきゃ」が口癖だが飽きっぽい性格ですぐに挫折する日々。 最近かなりバレバレの隠れふなっしーファン。

PROFILE

今月のテーマ

暑くても灼熱地獄にならないで作れるレシピ3品夏本番。キッチンの環境は過酷を極めています。さっぱりした素麺が食べたいと言われ茹でてる間こっちは汗だく。涼しげな料理を作る過程では涙ぐましい汗水たらした工程があります。でも大丈夫。暑くてもそんな苦労しないでカンタンに作れるお料理がたくさんあります。そんな3品を今月はご紹介。
TOP